敏感肌からくるエイジング加速にNO!! 大人のゆらぎ肌にこそ、 ディセンシア

スキンケア
いいね! 1件

[PR] 過酷な夏を過ごした肌がゆらぎやすくなるのがちょうど今の季節。ゆらいでいるかも……?と思ったら、早めのケアが肝心。秋のゆらぎ肌には敏感肌専門ブランド、ディセンシアの出番です。

Image title

肌をゆらがせる!ストレスによる肌荒れの新知見

Image title

30~40代の働く女性の9割以上が日々ストレスを感じ、肌荒れを実感!

仕事に、プライベートに多忙な現代女性は肌をゆらがせる原因であるストレスと無縁ではいられない時代です。ディセンシアはストレスが肌荒れを引き起こすメカニズムを解明。ストレスによる肌荒れを放っておくと、肌の見た目年齢に最大11歳もの差が開くというちょっと悲しいデータも。現代女性のゆらぎ肌にはストレスケアが欠かせないということがわかります。


ストレスによるゆらぎ肌のメカニズム

Image title

Image title


Image title

美容皮膚科クリニック「ウォブクリニック中目黒」総院長。現代女性の肌悩みの診断を行うとともに正しいスキンケアの方法も伝授。


敏感肌は健康な角層を育む
スキンケアが改善のカギ

 よく言う敏感肌とはバリア機能が低下した肌のことを指します。バリア機能が低下した肌は外からの刺激に弱い状態。健全な肌であれば、何の問題もなく跳ね返せる刺激に反応してしまい、肌内部で炎症が起きるのです。また肌表面の皮脂及び水分を保持するためのNMF(天然保湿因子)やセラミドの生成量が減ることでバリア機能が低下するのですが、エイジングの8割もの原因を占める紫外線をひと夏中浴びて過ごした肌は、こうしたバリア機能を司る物質を作る能力が低下しています。結果、夏の終わりから秋にかけての今の時季、肌がゆらぎやすいのです。
 クリニックでも敏感肌の悩みを訴える女性は増えています。背景には外気の変化も大きいです。高温多湿な気候、エアコン、黄砂や大気汚染物質などの環境はもちろん、睡眠不足や不規則な食生活、仕事や人間関係のストレスなどあらゆる原因が複合的に絡み合っています。乾燥肌で敏感肌なのに、使うスキンケアは油分の少ないものを好む人が多いのも問題ですね。健康な肌は水分と油分のバランスが整っていて、水分保持能力がしっかりあります。まずはローションでしっかりと水分を補い、そのあと、水分を逃さないためにクリームでシールドを。健康な角層を育むスキンケアで水分保持力を高めて、低下していたバリア機能を元の状態に戻しましょう。


【次ページをチェック!】 ストレスケアまで対応するディセンシアのラインナップと秘密を紹介≫≫

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN