人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

「エスティ ローダー グループ 2018 乳がんキャンペーン × ニコライ バーグマン フラワーズ & デザイン」一夜限りのフラワースクール開催!

ライフ

〔PR〕乳がんのない世界を目指し、エスティ ローダー グループが活動を続けている「乳がんキャンペーン」。キャンペーンイベントの1つ、マキアオンライン&マリソルオンライン読者を招いて開催された、ニコライ バーグマンさんによるフラワーレッスンの様子をお届けします。
Image title

“あの”フラワーボックスがつくれる稀少なフラワーレッスン
毎年10月に実施されるエスティ ローダー グループの乳がんキャンペーン。2018年は「伝えたいメッセージを花に託して」をテーマに、フラワーアーティストのニコライ バーグマン氏率いるニコライ バーグマン フラワーズ & デザインとのコラボレートが実現しました。「美しい花をきっかけに、大切な人と乳がんについて会話してほしい」という思いが込められた、華やかなキャンペーンに。
さまざまな趣向を凝らした企画が展開される中、ニコライ バーグマン フラワーズ & デザイン フラッグシップ ストアにて、ニコライ バーグマンさん自身によるフラワースクールが開催されました。今回の参加費は、そのまますべて一般社団法人 JBCRG(Japan Breast Cancer Research Group)に寄付され、乳がんの臨床研究などに役立てられます。

ニコライさんも乳がんキャンペーンに賛同! 貴重なコラボが実現Image titleデンマーク出身のフラワーアーティスト、ニコライ バーグマンさん。1998年に来日して以来、ヨーロピアンスタイルのデザインをベースに、北欧のセンスと、細部にこだわる和の感性を調和させた独創的なスタイルを発表していることで知られています。彼が考案したスクエアなフラワーボックスは、憧れのフラワーギフトとして今や定番に。
会場では、ニコライさんの挨拶から始まりました。「フラワーアーティストとして、このキャンペーンに参加できたこと、心から嬉しく思います。ピンクリボンにはこれまでも何度か関わってきましたが、今回のようなスケールは初めて。ピンクの花々を通して、乳がんについての会話をしていただけたら幸せです」。

ニコライさんのデモンストレーションに視線が釘付けImage title

この日のレッスンで教えてもらうのは、ピンク系の花々をピンクリボン限定のオリジナルボックスに入れたアレンジメント。参加者のテーブルには3種のスプレーバラ、5種のスプレーカーネーション、スプレーマムやフジバカマなど、さまざまなピンクの切り花が用意されています。まずはニコライさん自身のお手本から。「素敵なボックスを持ち帰っていただくことを約束しますね」と始まったデモンストレーションでは、バランスよく見せるテクニックを細かく伝授。ユーモア溢れる優しい口調と、表情豊かなニコライさんに参加者の視線が釘付け!

個性を光らせて、ピンクのボックスを製作Image title

各自がテーブルにつき、参加者がアレンジメントにトライ。切り花をカットして、吸水性スポンジに挿していきます。花を切りそろえてから一気に挿す人、一輪ずつ切りながら挿していく人、慎重派に大胆派、みんな独自のセンスで進めていきます。その間にも、ニコライさんがテーブルをまわり、「ジグソーパズルみたいに、すき間を花で次々に埋めていくといいよ」、「一輪挿すごとに、ボックスを回して360度からチェックしてね」etc.一人一人にアドバイス。

ニコライさんとの記念撮影! 笑顔でスクール終了
Image title用意された花は全員同じですが、茎の長さ、選ぶ花、組み合わせによって、みんな見事に違ったイメージのフラワーデザインができあがりました。完成したボックスを持って、みんな自由にニコライさんと記念撮影! 最後はニコライ バーグマン フラワーズ & デザインのスタッフのみなさんが、ボックスにリボンをかけて素敵なギフトに仕立ててくれ、笑顔でスクールは終了♪


他にも素敵なコラボレーション企画が催されました!
Image title

コラボレーションの一環として南青山のニコライ バーグマン フラワーズ & デザイン フラッグシップ ストアは、ストア全体がピンク色に染められました。特に、1階のカフェは10/2〜10/8の期間限定で「ピンクリボン フラワー カフェ」に。オリジナルドリンクや乳がんの知識を深めてもらえるように工夫されたテーブルデザインなど、心に残る演出がいっぱい。カフェ開催中にはピンクリボン限定フラワーボックスとオリジナルトートバッグを販売し、売り上げの一部がJBCRG(Japan Breast Cancer Research Group)へ寄付されます。また、ニコライ バーグマン フラワーズ & デザイン全店舗にてフラワーボックスのラッピングのリボンをピンク色に統一しました。
Image title

また、京都「清水寺」仁王門では、インスタレーション展示もニコライ バーグマンさんが手がけていました。ピンクの花による巨大な球体と階段からピンクのリボンが流れ落ちるようなアレンジメントに心奪われた人も多かったはず。


\今から、アクションしたい人必見/
乳がんキャンペーンに
参加できる2つのTOPICS


Image title1.乳がんキャンペーン支援製品を発売中
エスティ ローダー グループの8つのブランドが乳がんキャンペーン支援製品を数量限定発売。その収益の一部を米国乳がん研究基金(BCRF)やJBCRG(Japan Breast Cancer Research Group)などを通じて、乳がん撲滅への医療研究資金にあてられます。

2Instagramキャンペーン
エスティ ローダー グループ×ニコライ バーグマン フラワーズ & デザイン ピンクリボン限定プリザーブド フラワーボックスがあたる、Instagramキャンペーンも実施されています。ピンク色の花にメッセージを託して、投稿してみませんか? 期間は10月31日(水)まで。

\支援製品&Instagramほか
キャンペーンの詳細はこちらからチェック!

Image title

日本人女性の11人に1人が乳がんになると言われる今、私たちにできるのは正しい知識を持つこと、大切な人たちと乳がんについて会話すること。そんなきっかけをたくさんくれる、貴重なキャンペーンです。乳がんのない世界を目指し、ぜひあなたも参加してみて。

撮影/坂本ようこ 文/蓮見則子

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN