人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

中村アンさんが「バナナビューティーカロリー」アンバサダーに就任! 低カロリーで美肌・ダイエット効果の高い「バナナ」で美活ライフ

ボディ

〔PR〕美容や健康維持のために必要な、ビタミンやミネラル類などの栄養素をバランス良く含み、1本(100gあたり)たったの86kcal。食べるだけでキレイを叶えるバナナのカロリーを「バナナビューティーカロリー」と名付けました。アンバサダーには健康的な美ボディを持つ女優・モデルの中村アンさんが就任。いままであまり知られていなかった、美に効くバナナの魅力について語っていただきました。

Image title

高カロリーは思い込み
ウソのような本当の話

バナナはパンやご飯よりも
低カロリー

「甘くて美味しいバナナ、実は低カロリー・高エネルギー食品なんです。また抗酸化作用があったり腸内環境を整えてくれるなど、肌やボディに欠かせないキレイになれる効果を持つ栄養素がいっぱい。毎日バナナ習慣を続けてその効果を体感したい」と中村アンさん。

Image title

即効性と滋養性に優れ
カロリーをすぐにエネルギーに変換!
美容食としても女性の強い味方

(管理栄養士・望月理恵子さん/写真右)

「バナナビューティーカロリー」のコンセプトに基づいた、美容と健康のためのレシピを監修した管理栄養士・望月理恵子さんから、バナナが持つ美活パワーについて詳しく教えていただきました。

「いつ食べるのが効果的なのでしょうか?」(中村アンさん)

「摂取するタイミングでも効果は変わってきます。朝・夜、運動の前後など。あとはカラダが弱っている時や、疲労感、睡眠不足、ストレスによる疲れを感じる時などの栄養補給にも最適なんですよ」(望月理恵子さん)

「なるほど。私は朝バナナを1食置き換えにしたり、午後、疲れてきた時などにお菓子の替わりにバナナでエネルギーチャージしています。気軽にコンビニでも買えるので(笑)。そんなバナナ1本に美容の素がギュッと詰まっているんですね!」(中村アンさん)

「はい。カロリーを即時にエネルギーへと変換する働きを持つビタミンB群の他、ビタミンC、葉酸、βカロテン、肌老化を防ぐポリフェノール、腸内環境を整える植物繊維や、カリウム、ミネラルなどを豊富に含んでいます。もちろんそのままバナナを食べるだけでも効果的ですが、他の食材との組み合わせの相乗効果で、よりその効果をパワーアップさせることができます」(望月理恵子さん)

「ぜひ知りたい! 冷凍したバナナに他のスーパーフードを加えた簡単なスムージーはたまに作ったりしますが、これからはもっと色々なバナナの食べ方にチャレンジしてみたいです」(中村アンさん)

Image title

Image title


バナナがもつ5つの美容・健康パワーに注目!
望月さん考案・目的別・「
バナナビューティカロリー」レシピ

Image title

「バナナビューティーカロリー」とは?>

 POINT 1 
野菜不足? 便秘・むくみ・肌荒れ・腸冷えなどの悩みには腸内フローラ力をアップ
植物繊維を豊富に含んだバナナは腸内環境を整える働きが。便秘・むくみ・肌荒れ・腸冷えに効くオススメの食べ方は「焼きバナナ」。相性の良いヨーグルトやチーズなどの発酵食材を合わせることで、より腸内フローラ力をアップ。

 POINT 2 
疲れがとれない、寝つきが悪い、目覚めが悪いなどの悩みにはストレス耐性力をアップ
なかなか疲れがとれない、寝つきが悪い、目覚めが悪いなど...日常的にストレスが多い人は、ストレス耐性力をサポートするビタミン群、カリウム、ミネラルが豊富なバナナを取り入れて。健康サポート力のあるビタミンCやE、トリプトファンなどを含むキウイフルーツ、発酵食材のヨーグルトなどと合わせれば、よりストレス耐性力をアップ。

 POINT 3 
運動はしているけど体重がなかなか減らない...そんな時は基礎代謝力・筋力をアップ
普段から運動をしている人にもオススメ。バナナに含まれる必須アミノ酸BCAAで筋力をアップし、基礎代謝力をあげることで、痩せやすいカラダに。女性にうれしいカカオポリフェノールが豊富なココア、イソフラボンたっぷりの豆乳を使った「豆乳ココアバナナラテ」は運動前にぜひ取り入れてみて。

 POINT 4 
睡眠の質を整えたい人、運動不足の人も..肌と同時にボディもアンチエイジング力をアップ

ポリフェノール、ビタミンC、ビタミンE、βカロテンなどの活性酸素を消去する働き、抗酸化力の高い栄養素を含む食材としてトップの座を誇るバナナ。そのまま食べるだけでも十分効果はありますが、オススメの食べ方は緑黄色野菜をたっぷり使ったサラダにバナナを加えた「バナナサラダ」。手軽に作れる上、アンチエイジング力をさらにアップできます。

 POINT 5 
肌ベースが比較的整っている人は、抗酸化効果とビタミンプラスでより美肌力をアップ

美肌に効くオススメのレシピはビタミンB群、ビタミンC、ポリフェノールを余すことなく吸収できる生バナナor冷凍バナナと発酵食品のヨーグルトを使った「バナナスムージー」。抗酸化効果のあるリコピンを含むトマトを添えれば、さらに美肌力をアップ。

「バナナビューティーカロリー」メニュー参考レシピ>

Image title

中村アンさんのような美ボディを目指して
毎日バナナ習慣を始めよう!

「体型維持のため食べ過ぎには日頃から気をつけているのですが、バナナは摂取しても1本が低カロリーな上、消化が良くエネルギー変換も早いため、1日3本までならOKとのことで、効果的な摂取方法やオススメレシピなどを今回学ぶことができて、今後は日常の食生活でもバナナメニューを積極的にとり入れていきたいと思います。いままでは朝バナナでエネルギーチャージをするのがメインの食べ方でしたが、美肌には夜バナナが良いと聞き、次にはぜひ試してみたいと情報収集中です。

 またアンバサダーとしての使命は”バナナビューティカロリー”をより多くの人に、バナナの知られざる魅力=美容と健康をサポートする力、ダイエット・美肌・疲労回復・筋力アップ・アンチエイジング・腸活・滋養食・妊活サポートも守備範囲に含む豊富な栄養素を備えた”スーパーフルーツ”として認知度を高めること。
女性の美容と健康にとって強力なサポーターであり、『毎日バナナ習慣』を続けることで、私同様、多くの女性たちにその効果を体感して欲しいと願っています」(中村アンさん)


Image title


●お問い合わせ/日本バナナ輸入組合
TEL:03-5577-4765


文/山口珠美

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN