人気メイクアップアーティストが、2021年下半期の素晴らしいコスメたちにインスパイアされ、ベストヒットなメイクをお披露目。笹本恭平さんが気になったのは、大人の血色感とツヤを表現するチーク!

2021年 笹本恭平 メイク チーク 透明感

2021下半期、夢中になったテク&アイテムは?
人気アーティストのMYベストヒットメイク

質感違いのWチークが、ヘルシーな透明感を誘う――笹本恭平

練りとパウダーを重ねて 大人に上品な血色と艶を

“練りとパウダーを重ねて大人に上品な血色と艶を”

モデル写真引き

赤みのシャドウが流行ったり、リップが戻ってきたり。今シーズンは血色感を取り入れたメイクがポイントになっていますよね。僕的にはチークが気になる。といっても、甘く見せるチークではなく、大人っぽい血色感や、ヘルシーなツヤ感を表現するチーク。ノーチークも流行ったし、マスク生活でチークをつけない人も多いけど、大人なら肌の血色感やツヤ感は生かすべき。例えばリモート会議の時、慌ててつけた赤リップが濃く見えすぎることってありますよね? そんな時はチークを入れると、透明感が上がって見えるんです。ポイントは練りとパウダーを重ねること。どちらか1種類だけだと、どうしてもつける量が多くなってメイク感が強くなりがちに。質感の違うものをそれぞれに薄く、広めに入れることで、ナチュラル感を損なうことなく、肌の延長のようなツヤ感と血色感が叶うんです。頬のツヤと血色をより魅力的に際立たせるために、眉とリップはマットにしてふわっとした質感に仕上げる。全体のトーンも、色の出方や質感はそれぞれに違うけど、似た感じの赤みブラウンでまとめて。大人のヘルシーな透明感、品よくアップデートしてほしいな。

Main Items

1 ゴールドパールがヘルシーなツヤ感を演出。ディオールスキン フォーエヴァー クチュール ルミナイザー 06 ¥6380/パルファン・クリスチャン・ディオール 2 温かみのあるコーラル。ブラッシュクレーム 201 ¥4950/クレ・ド・ポー ボーテ(限定品)

Other Items

Other Items
3
光感が今っぽく彩りも旬なパレット。ヴィセ リシェ パノラマデザイン アイパレット BR-5 ¥1430(編集部調べ)/コーセー 4 上品なキラメキを目元に。スティロ ユー ウォータープルーフ N 48 ¥3520/シャネル 5 自然な明るさ。カネボウ アイブロウデュオ ED1 ¥2530、ケース ¥1650、ブラシ&チップセット ¥1100/カネボウインターナショナルDiv. 6 眉毛自体をトーンアップ、ふわっとマットな眉に。アイブロウマスカラ マイクロ 001 ¥3080/アディクション ビューティ 7 テラコッタ系のホリデー限定ミニリップ3本セット。モデル使用は鮮やかなテラコッタ色の009番。ザ マット リップ リキッド “ミニ トリオ” 002 ¥4730/アディクション ビューティ(限定品)

How to makeup
2を指先で、頬低めの位置に横長に薄く広げ、その上にルミナイザー1をブラシで頬高めの位置に、広めに薄くふわっとぼかす。2つともに横長に入れ、上下が重なるようにのせて。目元は3の右上をアイホールに、左下を上下キワ3mmほどに。下まぶたのキワに4で光のラインを。眉は56でふんわり、やや淡めに仕上げる。唇は7でマットに。

MAQUIA1月号
撮影/吉田 崇(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini〉 スタイリスト/黒崎 彩〈Linx〉 モデル/琉花 取材・文/山崎敦子 構成/山下弓子(MAQUIA)


※本記事掲載商品の価格は、税込み価格で表示しております。

最終更新日:

MAQUIA書影

MAQUIA2022年6月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。8月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share