自分にYES!と言える、千吉良ベースの魅力を石井美保さんが力説。さらに、下地使いからお悩み対策まで、あなたにもできる美肌テクニックをお届けします!

石井美保さんも絶賛する、千吉良ベースメイクの秘密とは? 鉄則&基礎のキソを余すことなく教えます_1

石井美保さんも絶賛!
今欲しいのはポジティブでハッピーな仕上がり
自分にYES!と言える千吉良(ちぎら)ベースの秘密

千吉良恵子さん

ヘア&メイクアップアーティスト

千吉良恵子さん

「人を喜ばせる、幸せにすることがメイクのテーマ」
cheek one主宰。愛らしさやハッピー感を引き出すメイクが大人気。透明感のある肌づくりで多くの人を虜に。

石井美保さん

美容家

石井美保さん

「千吉良さんメイクなら、自分の肌も顔ももっと好きになれる!」
美肌サロン「Riche」代表。近著『石井美保のBeauty Soup 美肌をつくる極上レシピ』(光文社)が好評。

本誌7月号の美肌ぶりが大反響

石井美保さんのアップ

\石井美保は見た!/
千吉良ベースのココがスゴイ!


自分の肌に自信を持てる
いつものセルフメイクと違うのに違和感がない。むしろ、自分の肌に自信が持てる!
パッティングしまくり!
下地もファンデーションもスポンジで細かく叩く。自然なツヤと密着感の秘密ですね。
塗る量はごく少量
これだけ!?って思うほど薄づき仕上げなのに、きちんと隠れる。千吉良マジック!
テクが細やか
手の動きや工程が細かい。そして、つくり込んでいるからこそ仕上がりがナチュラル。
光の入れ方が違う
個々の顔立ち、その日の光を観察。そのうえで、最適な位置にハイライトを入れる。

千吉良流ベースは
繊細パッティングが命!
千吉良 石井さんお久しぶり! 前回ご一緒したマキアのページ、すごく反響がよかったんですって。
石井 美肌に仕上げていただいて、私もすごく気に入っています! 本当にありがとうございました。
千吉良 素肌自体がキレイだから、メイクは簡単でしたよ。
石井 いえいえ。精巧なベースメイクで、とても勉強になりました。
千吉良 石井さんみたいな美の達人にそう言っていただけるなんて、嬉しいです。 
石井 とにかく叩き込みがスゴかった! 下地でもファンデーションでも、ちょっと塗ったらタタタタッてスポンジでパッティング。そして、またちょっと塗ってはパッティングっていう具合。しかも、そのタッチが羽根のように軽くてソフト。この細やかさが、肌をワンランク上げて見せる秘密なんだと実感しました。
千吉良 確かによく叩き込みますね(笑)。厚めでやや目の粗いスポンジを使ってパッティングすると、スポンジが余分なファンデーションを吸うから崩れにくくなるし、肌とファンデーションが一体化してフラットになるから、光沢が出るんです。
石井 なるほどー。あとは、ファンデーションを何色か使ってらっしゃいましたよね。
千吉良 そうなんです。シェーディングは、薄いテクスチャーのリキッドで、見ても気づかれないくらい薄く入れるのがコツなんですよ。

肌と一体化したツヤと血色が見事

石井 やっぱり細かい! ハイライトの入れ方も、全然違いました。私は、頬の高いところ、鼻筋、って教科書通りに入れていたんです。でも千吉良さんは、肌に光がどう当たるかを見てからハイライトを入れていて。確かに自然光とライトではツヤの出方が違うし、肌の立体感だって毎日同じじゃないですよね。目からウロコでした。
千吉良 ずいぶん細かく観察していてくださったんですね。
石井 私“千吉良メイク”の20年来のファンなんです。惹かれるメイクページのクレジットを見ると、千吉良さんのお名前がある。雑誌で紹介されているメイクテクニックも、かなり実践しているんですよ。
千吉良 そんな〜♡ 感動で泣いてしまいそう(笑)。
石井 誌面によく登場されるモデルさんも、千吉良さんがメイクした写真だといつもよりキラキラして、幸せそうに見えるんですよね。
千吉良 私のメイクは、血色感とツヤが持ち味だと思っています。とってつけたような赤みや輝きじゃダメで、その人の肌に息づいているものを引き出したような、リアルなツヤや血色が目標なんです。だから、ハッピー感のあるメイクに仕上がるのかもしれませんね。
石井 その人に備わっているものを引き出すっていう表現、すごく的を射ていると思います。みなさんメイクするときは、マイナスポイントやコンプレックスを隠そうとするじゃないですか。でもそうすると余計気になって落ち込むんですよね。千吉良さんのメイクは、“ココが可愛い!”っていうところを最大限引き出すから、マイナスポイントなんて気にならなくなっちゃう。
千吉良 確かに、チャームポイントを引き出すことは意識しています。ソバカスもシワも決してネガティブなものじゃない。そういうものを消さなくたって、本来持っている肌のツヤや血色を引き立てれば素敵でいられるんだよ、って伝えたい。そうすればきっと、新しい自分の魅力に気がつくと思うんですよね。
石井 だから千吉良さんにメイクしてもらうと、みんな自信にあふれているように見えるんですね。
千吉良 嬉しい! そのお言葉、アーティスト冥利に尽きます。

千吉良肌を作る7アイテム

1 毛穴対策に。ヴォワールマティフィアンリサン SPF25・PA++ 40g¥7150/クレ・ド・ポー ボーテ 2 高保湿。ヌーディーヴェール SPF36・PA++ 20g ¥5170/ビーグレン 3 薄づき。ピュアラディアントプロテクション アクアティックグロー クッションファンデーション SPF50+・PA+++ 12g 全6色 各¥6600/NARS JAPAN 4 ハイカバー。ル コレクトゥール ドゥ シャネル N ペッシュ ¥4730/シャネル 5 クリームタイプ。ヴィセ リシェ リップ&チーククリーム N PK-8 ¥1100(編集部調べ)/コーセー 6 88%が美容液。米肌 つやしずく スキンケアファンデーション SPF25・PA++ OC-415 25ml ¥4290/コーセープロビジョン 7 透明感をプラス。ディオールスキン フォーエヴァー クッション パウダー ラベンダー 10g ¥7700/パルファン・クリスチャン・ディオール

千吉良ベース5つの鉄則
鉄則1
いいところを伸ばす
マイナスを必死で隠すと厚塗りに。よい部分を伸ばすメイクのほうがナチュラルに、素敵に仕上がる。


鉄則2
顔を写真でチェック
チャームポイントを探すなら、写真がベスト。鏡には主観が反映されて、本当の顔を把握しにくい。


鉄則3
ハッピーに見せる
幸せそうな人は、魅力的に見えるもの。千吉良さんが何より心がけているのはハッピーになれるメイク。


鉄則4
血色とツヤがマスト
幸せそうな表情には、肌の血色とツヤ感がマスト。元々肌に備わっているような色、光沢の演出が絶対。


鉄則5
ブラシよりスポンジ
ベースは平坦に整えることが大切。ブラシを使うとムラになりがちなので、千吉良さんは長年スポンジ推し。

桃色グロウベース基礎のキソ♡
ほんのりピンクの頬としっとりした光沢。千吉良的理想のすっぴん風ベースメイクを徹底解説。

Chigira's Voice1

クリーム系で統一して
自然なツヤと血色感に
ナチュラルなベースメイクはアイテム選びも重要。クッションやリキッドファンデーションを使うなら、チークやハイライトもテクスチャーが同じクリームタイプを選んで。ファンデーションと質感の境がなくなり、自然なツヤと血色感を再現できます。

これをすればOK!

1下地で毛穴をフラットに

1 下地で毛穴をフラットに
まずは、毛穴対策下地で毛穴をカバー。ファンデーションが毛穴に落ちるのを防ぐ。


ヴォワールマティフィアンリサン SPF25・PA++  40g¥7150/クレ・ド・ポー ボーテ

2この範囲にのばす

2 この範囲にのばす
1の毛穴対策下地をのばす範囲。両頬、額、アゴにのばしてから鼻や目元など細かい部分に。

3スポンジでフラットにならす

3 スポンジでフラットにならす
スポンジを軽く持ち、中央から外へ動かしながら全体をならす。ヨレを防ぐポイント。


スポンジ(4P入り) ¥1650/ローラ メルシエ ジャパン

4ツヤ下地で内側から光沢を

4 ツヤ下地で内側から光沢を
ツヤ&トーンアップ下地を指で顔全体にのばし、フェイスラインはスポンジでなじませる。


ヌーディーヴェール SPF36・PA++ 20g ¥5170/ビーグレン

5クッションFDをたたき込み

5 クッションFDをたたき込み
クッションFDは付属のスポンジに取り、顔の中心から外へ、パッティングでなじませて。


ピュアラディアントプロテクション アクアティックグロー クッションファンデーション SPF50+・PA+++ 12g  全6色 各¥6600/NARS JAPAN

6上まぶたはソフトなパフで

6 上まぶたはソフトなパフで
上まぶたはFDを塗ったあと手持ちのパウダリーFDのスポンジでなじませ、密着感を高める。

7クマをコンシーラーで隠す

7 クマをコンシーラーで隠す
目の下のクマはオレンジのコンシーラーでカバー。クマの下辺に点置きし、指でのばして。


ル コレクトゥール ドゥ シャネル N ペッシュ ¥4730/シャネル

8ラスティング力を高める

8 ラスティング力を高める
顔全体を、スポンジでパッティング。ファンデーションを密着させて、崩れを防ぐ。

9なじませチークを仕込む

9 なじませチークを仕込む
クリームチークとクッションFDを2:1で混ぜ、目の中央から外が2、内側が1の広さになるよう広げる。


ヴィセ リシェ リップ&チーククリーム N PK-8 ¥1100(編集部調べ)/コーセー

10自然な陰影をプラス

10 自然な陰影をプラス
肌より暗いファンデーションをフェイスラインにのせてぼかす。視認できないほどシアーなものを選んで。


米肌 つやしずく スキンケアファンデーション SPF25・PA++ OC-415 25ml ¥4290/コーセープロビジョン

11ツヤ下地をハイライトに

11 ツヤ下地をハイライトに
4で使った下地を写真の位置に置いて指でなじませ、ハイライトにする。

12パウダーを部分的にオン

12 パウダーを部分的にオン
フェイスパウダーは、額からアイゾーン、鼻の下、アゴに。頬や鼻筋にはのせず、ツヤ感を残すこと。


ディオールスキン フォーエヴァー クッション パウダー ラベンダー 10g ¥7700/パルファン・クリスチャン・ディオール

にじみ出るような血色感とツヤでピュアな魅力を引き出して

MAQUIA9月号
撮影/中島 洸〈まきうらオフィス〉(石井さん・千吉良さん) 菊地泰久〈vale.〉(モデル) 岩城裕哉(物) ヘア&メイク/千吉良恵子〈cheek one〉 スタイリスト/有本祐輔〈7回の裏〉(石井さん) コギソマナ〈io〉(モデル) モデル/上西星来 取材・文/風間裕美子 構成/若菜遊子(MAQUIA)


※本記事掲載商品の価格は、税込み価格で表示しております。

MAQUIA書影

MAQUIA2021年9月21日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。11月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share