メイク好きのポーチに必ず1つは入っているほどの大人気を誇る「キャンメイク」。大人も満足させる優秀プチプラコスメたちはどのように生まれているのか、その秘密をとことんお聞きしました。

プチプラで欲しいトレンドアイテムに必ず出合える【イトーーク 第20回 キャンメイク】_1

インタビュー歴25年 マキア編集長・伊藤責任編集
最新美容の真相、ズバリ聞いトク!?
イトーーク

キャンメイク

マキア編集長 伊藤かおり

マキア編集長
伊藤かおり
non-no、MORE編集部を経て’08年からマキアへ。入社以来人物インタビューを中心に取材してきた経験を活かし、“美容=人生”を誌面づくりのモットーに。

キャンメイク部 開発 清水祐里奈さん

キャンメイク部 開発
清水祐里奈さん
2015年井田ラボラトリーズ入社後、キャンメイク部に在籍し、ベース、リップ、チーク関連の商品企画を担当。商品化まで全てに携わる。

トレンドメイクがお手軽、身近になった
伊藤 キャンメイクといえばマキア読者からの人気が高く、「みんなのベスコス」でも数々ランクイン。昨年末は「マシュマロフィニッシュパウダー」が殿堂入りコスメとなりました! SNSでもバズりコスメの常連ですよね。
清水 ありがとうございます。通称「マシュマロ」は、2011年に発売し、長年愛され続けている製品。それが今回、マシュマロのよさはそのままに、内容量を維持したままパッケージデザインをコンパクトにしました。今でこそベースメイクを高く評価していただいていますが、キャンメイクを立ち上げた当時は、アイシャドウやリップなど、カラーアイテムが人気。一般的に“安かろう、悪かろう”というイメージをもたれていたのかもしれません。それだけに、ベースメイクで評価をいただくのはとても難しくて。
伊藤 キャンメイクは35年の歴史があるんですよね。確かに当時はまだプチプラというカテゴリーはなかったかもしれません。何がきっかけでベースメイクへの注目が高まったのですか?
清水 98年発売の「カラースティック」をヘア&メイクアップアーティストの嶋田ちあきさんが、人気アイドルの方に使用していることをご紹介くださいまして。“プチプラでも品質がいい”ということを認識してもらえるようになって以来、ベースメイクにも注目が集まりました。
伊藤 清水さんは、ベースメイクとチーク、リップの開発がご担当なんですね。
清水 はい。アイシャドウ、ネイルは別チームの開発が担当しています。
伊藤 カラーアイテムはトレンドを押さえていてカワイイものが多いし、ベースメイクは痒いところに手が届くようなものが多いですが、ターゲットを絞って製品開発をされているのですか?
清水 コアターゲットは、10代後半~20代前半になります。学生さんなどは、カバー力をそれほど求めてなく、簡単にサッと仕上げたいニーズがあるので、そこに応えられるよう開発をしています。でも、先の「マシュマロ」は、10~70代まで幅広い年代の方にご愛用いただいているので、こちらはターゲットを絞っていません。
伊藤 ということは、大人の声もマシュマロには反映しているのですか?
清水 実はキャンメイクでファンデーションの展開は少なく、2アイテムしかないんです。その中で何より大切にしているのは、トレンド。近年は、カバー力が高すぎるものは好まれない傾向なので、マシュマロの軽い仕上がりを気に入った大人の方にもご愛用いただけているんだと思います。
伊藤 サブアイテムのコンシーラーやフェイスパウダーはいかがですか?
清水 ポイントで隠すアイテムは支持されています。特にコンシーラーは手を出しやすいアイテムですからね。
伊藤 ベースメイク以外で、最近のトレンドの変化は感じますか?
清水 リップやチークの色みを開発する間で感じたことは、定番人気だったコーラルピンクより、今は茶系やベージュがスタンダードになったこと。
伊藤 確かにラインナップを見ると、ブラウン系が多いですよね。気の利いたいい感じのブラウンがたくさん!
清水 今後も茶系の新色を考案中です。
伊藤 新色の開発では、どんな情報を大切にしていますか?
清水 雑誌は学生から主婦向けまでくまなく読み込みますし、メイクアップアーティストやモデルさんのSNSやクチコミをチェックしたり。実際にショップに足を運ぶ営業担当から、スタッフ様の話を聞いたりも。キャンメイクは他ブランドに比べ、開発スパンが短いように感じます。ですから、トレンドを掴んだら、短いスパンで商品化することができるんです。
伊藤 フレキシブルですね! 最短で開発し、ヒットしたものはなんですか?
清水 メルティールミナスルージュの04番です。オレンジブラウンのトレンドをキャッチし、すぐに開発。みなさんが「使いたいな」というタイミングで手に取ってもらえるように意識しています。
伊藤 確かにトレンドものはすぐに使ってみたい。でも、失敗はしたくない。その点、キャンメイクだと気になるアイテムも何個かまとめて買えますものね。
清水 そのお声はよくいただきます。挑戦色のアイシャドウやチークでもキャンメイクなら試せる、と。

キャンメイク カラースティック コンシーラー

あの巨匠を唸らせた
コンシーラー現代版はこちら


キャンメイク
カラースティックコンシーラー
ヘア&メイクアップアーティストの嶋田ちあきさんが愛用していたことから、一躍脚光を浴びた「カラースティック」。現在は廃番となり現代版として2020年にリニューアル。(右から)01、03、02 全3色 各¥715/井田ラボラトリーズ

(右)肌にとけ込む“透けツヤ”感。キャンメイク シルキースフレアイズ 06 ¥825、(左)5色で自由自在に。同 パーフェクトスタイリストアイズ 14 ¥858/井田ラボラトリーズ

ブームの赤みシャドウお手のもの!
(右)肌にとけ込む“透けツヤ”感。キャンメイク シルキースフレアイズ 06 ¥825、(左)5色で自由自在に。同 パーフェクトスタイリストアイズ 14 ¥858/井田ラボラトリーズ

マスク生活が続いても衰え知らずの人気ぶり
伊藤 マスク生活となり、清水さんのチームも苦戦を強いられているのでは?
清水 キャンメイクにはシークレットビューティーパウダー 01という、崩れ防止のカラーレスアイテムがあり、そのまま寝てしまっても大丈夫なため、これらのアイテムが注目されました。
伊藤 コロナ禍でもキャンメイクの勢いは止まらないんですね!
清水 影響がないとは言い切れませんが、アイメイクがさらに注目され人気になるなど、ご支持いただいています。
伊藤 アイメイクが伸びたのは、マスクの影響ですか?
清水 はい。たとえば、マスカラだと湿気に強く、マスクからの蒸気の影響を受けないものが人気だったり。また、リップとチークをつけない分、目元を赤み系にして血色感を演出したり。
伊藤 それで赤み系のシャドウが充実しているんですね。清水さんのご担当で、ティントリップの新色が発売されると。
清水 赤ちゃんの唇のようにほんのりと桜色に仕上がるようにしました。マスクを取ったときのカワイさを意識して。
伊藤 マスクを取ったときに唇に色がないと顔色が悪く見えるし、ティントタイプが求められるのはわかります。企画したものは全て採用されるのですか?
清水 ボツになるものも(笑)。ただ、上司に理解があるので、自由に企画ができるのはキャンメイクならではです。
伊藤 製品に表れてますね。今後もワクワクできるアイテムを期待しています♡

キャンメイク メルティールミナスルージュ(ティントタイプ) T06 ¥880/井田ラボラトリーズ

清水さんが手掛けた
ティントリップが
4月中旬発売
とろけるようになめらかな塗り心地と、透けるような発色が魅力。まるで赤ちゃんの唇のようなベビーピンクはこの春ヒットの予感! キャンメイク メルティールミナスルージュ(ティントタイプ) T06 ¥880/井田ラボラトリーズ

売れてます! キャンメイク神3コスメ

キャンメイク  マシュマロ フィニッシュパウダー

1位
キャンメイク 
マシュマロフィニッシュパウダー
シルクのような柔らかさと、マシュマロのようなふんわり肌に仕上げるフェイスパウダー。この春、美容成分の配合種類が増え、パッケージがスリムに。メイク直しにも最適。SPF50・PA+++ 全4色 各¥1034/井田ラボラトリーズ

キャンメイク  クリーミー タッチライナー 02

2位
キャンメイク 
クリーミータッチライナー 02
1.5㎜の極細芯でスルスルとラインが引け、とろけるようにフィット。人気はミディアムブラウン。¥715/井田ラボラトリーズ

キャンメイク クイック ラッシュカーラー 

3位
キャンメイク クイック
ラッシュカーラー 
抜群のカール力を誇り上向きまつ毛を長時間キープ。下地としてもおすすめのマルチマスカラ。¥748/井田ラボラトリーズ

これも聞いトク!?

清水さんのメイクデビューは?
「中学生です。キャンメイクのネイルをはじめ、さまざまなコスメに興味津々でした。とにかくキャンメイクの可愛らしい雰囲気が大好きで、その後、学生時代から今に至るまで、キャンメイクひと筋。キャンメイクの商品企画をしたくてこの会社に入社したほど(笑)。やりたいことをやらせていただけているので、毎日本当に楽しいです」

MAQUIA 5月号
取材・文/藤井優美〈dis-moi〉


※本記事掲載商品の価格は、税込み価格で表示しております。

MAQUIA書影

MAQUIA2021年5月21日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。7月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share