こじはるが物憂げな色気の漂ういい女に変身!? 「MAQUIA」3月号から河北メイクの最終理論をお届けします!

Image title


「カーキのラインで

目を囲っただけで、

私の違う一面に出会えた!」

by Kojiharu


河北Rule

メイクは知能だ。

誰かを真似るメイクはやめよう。若ぶりたいだけの可愛いメイクは卒業しよう。そう、流行に振り回されなくていいし、みんな一緒じゃなくていい。自分らしさをアピールできるメイクこそ、カッコいいし魅力的! そして、そんな賢さを持つことこそ、最大の武器。


いい女は、いろんな顔を持つべき。

時にピュアだったり、時に色っぽかったり……。いろんな顔を持った女性って、男を飽きさせないよね。そんな多面的な魅力は、メイクでつくれるのでぜひ。ただ、コスメを買い足す必要はなくて、今日着る服にあわせていつもと塗り方を少し変えれば、メイクの幅はいくらでも広がるはず。


【次ページをチェック】やわふわボディとメイクレシピをとくとご覧あれ≫≫

カーキカラーの囲み目メイクで

ギャップのあるいい女

Image title

「やや強めの囲み目メイクで、ギャップのあるいい女を狙って。目元を囲むアイテムは、目を大きくするには黒のラインっていう呪縛から解き放たれて、カーキのパウダーをチョイス。アースカラーのファッションにリンクさせた抜け感のあるカーキには、白目に透明感を与えつつ、瞳をブラウン寄りに美しく見せる効果が!」

Image title

目元に繊細な深みと華やかな輝きを与える、カーキカラー。クレ・ド・ポー ボーテ オンブルプードルソロ 201 ¥3800/資生堂インターナショナル


Other item

Image title

「カーキは肌をくすませがちなので、チークとリップはオレンジトーンを選び、明るさを」。 A クレ・ド・ポーボーテ ブラッシュデュオプードル103 ¥7000(セット価格) B クレ・ド・ポー ボーテ ルージュアレーブル 113 ¥6000(セット価格)/資生堂インターナショナル


Image title

まぶたの上下のキワをブラウンのペンシルアイライナーで囲んだら、カーキのパウダーアイシャドウを上から重ねて。上まぶたは、目を開いた際に見えるよう、太めに引くのがポイント。


「MAQUIA」3月号

撮影/彦坂栄治〈まきうらオフィス〉(モデル) 冨樫実和(物) ヘア&メイク/河北裕介 スタイリスト/SHOCO(モデル) モデル/小嶋陽菜(マキアモデル) 取材・文/中島 彩(MAQUIA) 構成・文/吉田百合(MAQUIA)


【MAQUIA3月号☆好評発売中】


MAQUIA書影

MAQUIA2021年9月21日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。11月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share