40代になると、これまでのカラーやパーマのダメージで、髪のパサつきや、髪のコシがなくなってきたなどの悩みを持つ方も多いのではないでしょうか。時折パーマかカラーをお休みして髪を休ませたいと思っても、なかなか難しいもの。こちらのボブスタイルなら、地毛を生かしつつ、フェミニンに決まるのでファッションカラーの「お休み」にはもってこい。根元のパーマとニュアンスパーマでふんわり感を演出して柔らかな印象もキープ。

Unami2_front

HOW TO MAKE


カットは鎖骨上あたりまでのワンレングスに。根元パーマをかけて、毛先は中間からリバース内巻きになるように。小顔感・フェミニン感を出すポイントは、前髪の長さ。頬ラインにかかるようにすることで中間にボリュームが生まれ、面長の方でも顔のラインがストンとしすぎず小顔な印象に。

地毛の色でも、暗い印象になりすぎないので、カラーリングをしたくない人にもおすすめ。白髪染めの必要な方は、お白髪ぼかしでハイライトを。最低限のカラーリングで対応できるので、髪のメンテナンス時にはちょうどよいスタイルです。カラーをする場合は透明感のあるダークブランで、落ち着いた感じにするのがおすすめです。

  • Unami2_side
  • Unami2_back

STYLING(所要時間5分)


根元から前に向けてドライヤーで乾かします。9割乾いた常置で、やわらかめのクリームバターでスタイリングを。

このヘアを担当してくれたのは……赤井希望さん(joemi by Un ami)
取材・文/木崎ミドリ
 https://un-ami.jp/shop/joemi_by_unami/




share