単純に隠すのではなく、動きのあるカットラインに目を向けさせることで小顔見せを叶える「ワンレンのミニボブ」は、レングスをアゴラインに設定することで、ベース型の方が気になるエラの印象を抑えてくれる効果が! 前髪を作らないことでよりカットラインに視線が集中し、錯覚効果が高まります。さらに、アゴラインのカットは面長さんの顔をコンパクトに見せる効果も。パーマの必要がなく、地毛のような暗髪が映えるスタイルなので、キープするためのメンテナンスも楽ちん。髪質を問わず誰にでも取り入れやすいところも魅力です。

30代・40代 美人&小顔見せワンレンボブ

【おすすめの顔型】
特におすすめ→ベース型
面長


【NGの顔型】
丸顔

HOW TO MAKE
硬毛、軟毛、毛量などの髪質を問わず取り入れられるワンレンボブ。顔の雰囲気も問わないので、クール系、フェミニン系どちらの顔立の方にもすんなり似合います。


【カット】
アゴのラインで髪全体をワンレンボブにカット。カットラインが軽くなりすぎないように、ぷつっと並行にカットします。毛量が多い方は、毛先のブラント感をキープしながら、襟足の毛量を調整。前髪は作らず、かき上げたときに顔まわりのニュアンスになるように伸ばしかけのまま全体になじませます。


【カラー】
お手本のスタイルは地毛を生かした黒髪を採用。肌とのコントラストで見せるスタイルなので、もともと染めている方などはダークトーンカラーに。

  • 30代・40代 美人&小顔見せワンレンボブ
  • 30代・40代 美人&小顔見せワンレンボブ

STYLING(5minutes)


スタイリング剤
スタイリング剤はムラなく伸びるジェル状のミルボン ドア シャイニーオイルを使用。


HOW TO
①オイルを2〜3プッシュ手にとり、手のひら全体になじませます。
②髪の内側に握り込むようになじませ、襟足を外ハネに。
③前髪は手ぐしでかき上げるようにつけます。
④手に残ったオイルで表面にランダムな動きが出るようになじませたら、サイドの髪をラフに耳にかけ、指先でおくれ毛に束感を作って完成。

このヘアを担当してくれたのは……米澤香央里さん〈SYAN
撮影/米澤香央里〈SYAN〉 モデル/羽音 文/アダチミカ

share