人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

コスメナビ

アンフィネス / アルビオン

モイスチュア ミルク IA

本体価格(税抜き):7,000円

容量:200g

発売日:2013年8月18日

評価:

5

2017年1月9日

洗顔後、最初に使うitem。
「しっとり」という言葉がよく似合う肌になります。
「肌深部が充実」の意味が実感として分かりました。

アルビオンは、いわゆるブースター、導入液の役目を乳液に課しているようですが、
サラサラのブースターを日常的に使ってきた私としては、正直重たいです。
次に使う化粧水が入りにくいのが気になりました。
本来化粧水がしみわたるはずの肌のすきまが乳液で満たされ、入り込む余地がなくなるといいますか。

水分で保湿するというより、油分で保湿するという感じですね。

化粧水を何度もたっぷり補わなくともしっとりしてくれるので、短時間で保湿を済ませたい方には便利でしょう。

ただ、私は「水分量たっぷり・油分ほどほど」の肌が心地いい。
【化粧水でぷるんぷるんに潤し、美容液で攻めのスキンケアをしてから乳液orクリームの油分でフタをして蒸発しないようにする】、これがベストなんです。

そのため、こちらの乳液を一番肌に届きやすい最初にぬるという方法にはしっくりきませんでした。
保湿されるし、肌がしっとり落ち着くし、目元のシワも浅くなるのがよく分かるけれど、肌の奥の方がどうしても水分をほしがります。
肌深部が油分で満たされるけれど脱水気味という感じで。

(普段は2種類の化粧水を5~6回にわけてたっぷり水分を補っているから、余計そう感じるのだと思います)

とにかく乾燥がすごすぎて油分不足を直したい、てっとり早く保湿したい、
そういう方には一発で解消できるとても良いitemです。
同じアルビオンのエクシア リニューイング リッチミルクと並ぶ実力派。

(アルビオンの乳液の中で、ワンランク上の¥12000のリニューイングリッチミルクと迷われている方は、こちらの¥7000のモイスチュアリッチミルクで十分ではないかと思いますよ!どちらも同じくらい優秀ですから^^)

ちなみに、試しに通常の乳液の順番(美容液のあと)でも使ってみましたが、
それだといまいち良さを感じられませんでした。
こちらを取り入れるなら、やはりアルビオンの指示通り最初がよさそうです。

2 参考になった

モイスチュア ミルク IAのクチコミ一覧へ戻る

このユーザーの他のクチコミを見る

UPDOWN