とにかく、光るものに目がありません。

つい最近も、保冷パックと見紛うオールシルバーのスニーカーと、

ムーンウォークができそうなスパンコールのパンプスを衝動買い。

スタッズ、ラメ、ホログラム…

きっと前世はカラスだったに違いありません。

そんなこんなで、キラキラ系コスメにもDNAレベルで反応!

Image title

でも、ただ光ってればいいというわけではありません。

発売中のディオールショウ モノ フューチャリズムは、見た目はシルバーっぽいけれど、実際につけてみると虹色に輝く偏光グリッター。目を伏せるたびチラッと輝く様が色っぽいし、素まぶたをすごくキレイに見せてくれるんです。

サンローランのネイルは、4/8限定発売のサマールック。都会の喧騒から離れ、気ままなロードトリップがテーマのコレクションは、心躍る色と艶めきのラッシュ。

輝く砂のような「サヴェージピンク」は、指先をキレイに見せてくれる上に乾きが早くて、持ちが良い!


輝き方は繊細?

日常使いできる?

気分は上がる?

マイ・キラキラ基準を満たすコスメ探しの日々に終わりはありません。

(編集R)








MAQUIA書影

MAQUIA2020年11月21日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。1月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share