人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

仕事に育児に……忙しくても美肌をキープするコツとは? 神崎 恵さんとハッピーワーママ大使が美肌談義!

スキンケア

〔PR〕

アスタリフト内閣がブランドの魅力や、おすすめ商品を拡散していく「ギフトリレー」第二回。今回は、仕事もプライベートも頑張る女性を応援したいという意欲女性支援省ハッピーワーママ大使・pinkmimiさんが、ビューティライフスタイリスト・神崎 恵さんに、母として、女性としてキレイでい続ける秘訣を伺いました。

Image title

著書は欠かさず読んでいるという、神崎さんの大ファンのpinkmimiさん。憧れの方を目の前に、少々緊張気味!? でもお互いに美容好き・高校生のお子さんがいるなどの共通点も相まって、和やかムードで会談が行われました。

Image title

pinkmimi「神崎さんのインスタを毎日拝見しているのですが、小さなお子さんもいらっしゃるし、お仕事もされていて、お弁当や夕食づくりなどの家事もきちんとこなしている。ものすごーく忙しいと思うのですが、何故そんなにお美しいのですか?」

神崎「本当ですか? 嬉しいです。でも肌悩みはたくさんありますよ。でも、それにとらわれて、ネガティブになりすぎないようにしています」

pinkmimi「私はネガティブ思考なタイプなので……(笑)」

神崎「暗い気持ちに引っ張られてはダメだけれど、キレイになるためには、ネガティブ思考って実は大切。その気持ちがあるからこそ、頑張ろうと試行錯誤する。自分にあぐらをかいてしまったら、キレイは更新できないですもん」

pinkmimi「たしかに、私は育児に仕事にと、自分に時間を作ることができなくて、以前は皮むけするほど乾燥肌だったんですよ。でもアスタリフトの『ジェリー アクアリスタ』に出会って、時間がないなかのケアでもしっかり保湿することができて、肌が生まれ変わりました」

神崎「トラブルがあるからこそ、自分を見つめ直すきっかけになりますよね。それで、自分をラクにしてあげられるお手入れ法を見つけられたのは、素晴らしいこと!」

pinkmimi「神崎さんも、時短ケアとかなさるのですか?」

神崎「もちろん! 毎日フルコースケアをしていたら疲れちゃう(笑)。せっかくのキレイになる行為を、面倒とかストレスに感じてしまったらもったいないですもん。だからこそ、最小限のスキンケアだけで終わらす日もあれば、きちんとパックする日もあったりと、自分の肌や気力と相談しながら使い分けています」

pinkmimi「なるほど〜。先ほど、肌悩みがたくさんあるっておっしゃっていましたが、具体的にはどんなことですか? 悩みがあるとは到底思えませんが……」

神崎「シミやシワや、たるみなど、年齢とともに日々悩みは更新しています。でも、ひとつひとつを気にしていたらキリがないですし、キモチにも余裕がなくなっちゃう。だから私が一番重要視しているのが、透明感。肌に透明感さえあれば、細かなアラが気にならなくなるし、メイクのりも良くなるし、気分もアガるんです」

pinkmimi「たしかに、透明感がある方って魅力的だし、吸引力がありますよね」

神崎「そうなんです。そして、その透明感を取り戻すためには、やっぱり保湿が大事。私は自宅の階段やキッチン、カウンターなど様々な場所にスキンケアアイテムを置いて、気づいたときに保湿して乾かない肌をキープしています」

pinkmimi「なるほど〜。私もアスタリフトの『ジェリー アクアリスタ』置いて、マネしてみますね!」

神崎「私もこのジェリー大好き。みずみずしいテクスチャーが、肌をなめすように面を整えてくれるので、メイクのりもばっちり! 『ジェリー』を使って、 『モイストローション』をコットンパックすれば、速攻で私の大好きな透明感がアップします」

pinkmimi「2ステップだけでも、ここまで保湿できるのも本当に頼もしいですよね!」

神崎「季節も肌状態も選ばないから、この冬も頼りにしちゃう予感❤︎」

Image title

神崎さんには、ご本人も愛用しているという『ジェリーアクアリスタ』、『モイストローション』に加え、一発逆転のハリ肌を狙える『モイスチャライジングマスク』をお渡し。人柄と同じように、柔軟な神崎さんのお手入れ術に、美意識がさらに強まったというpinkmimiさん。みなさんもぜひ、参考にしてみてくださいね。


<神崎 恵 PROFILE>
mnuit主宰。ビューティライフスタイリストとして活動しながら、著書の執筆やトークショーなど多岐にわたって活躍。マキアで連載中の「神崎 恵の恋させる瞬間 美容劇場」も大好評。


アスタリフト スペシャルサイトはコチラ>>>


アスタリフト内閣の紹介ページはコチラ>>>


撮影/勝吉祐介(PEACE MONKEY) 文/谷口絵美

RECENT POST

UPDOWN