「シャンプーのみノンシリコン」って全く意味ないって知ってた?その理由を徹底解説!美髪への近道を知ろう

ヘア
いいね! 1件

実は今回の記事、書こう書こうと思いながら2年ほど経ってしまっていたんです(°_°)

…ようやく書きます!

シャンプー&コンディショナージプシーという皆様、ぜひこれを機に選ぶ基準にしていただけたらと思います。


さて、ノンシリコンシャンプー

現在では「キシまない・泡立ちづらい」というデメリットが払拭されている製品がたくさん出ているので既に定着しているアイテムですよね。

ドラッグストアに並んでいる商品も、逆にシリコン入りシャンプーって珍しくなりつつあります。

例えばパケが可愛い、良い香り、ノンシリコン、低価格という事で手に取り

同じメーカーで揃えた方がいいということでコンディショナーも一緒にレジへ〜♪

はい、ストップ。

コンディショナー(トリートメント)の表記をちゃんと見ましたか?


よくシャンプーとコンディショナーがセット売りされているものを見ますが

「シャンプーのみノンシリコン(シリコンフリー)です。」と小さくですがきちんと書いてあります。


ここで不思議だと思ってください。

なぜシャンプーのみノンシリコンでコンディショナーはシリコンが入っているのか?と。


シリコンって簡単に言えばコーティング剤なんです。

指通りがよくなる、サラサラつやつやの質感、まとまりやすくなる。

これぞシリコンの強み。


「え?じゃあシリコンって最高じゃん!入っててもいいじゃん( ´∀`)」

答えはNO!

メーカー側ができるだけ安く作ろうとした結果シリコンを選んだというだけで

もうどうしようもないくらい悪者だと思ってください。


ジメチコン(シリコン)が入ってるトリートメントを使用すれば髪にシリコンが付着します。
これ実はシャンプーではなかなか取れないクセ者なんです。

シリコンが取れないとどうなるか?

・髪の内部がスッカスカ!

・いくらサロンで高価なトリートメントを施しても髪の毛1本1本にコーティングされているため栄養が本当に本当に入りづらい!!

・そして効果が定着しづらい。

というデメリットだらけ。

炭酸クレンジングなどをしたら落とせますが毎日、炭酸クレンジングできますか?

私はそんな面倒くさいことできません。


地肌につけなければ頭皮のトラブルは避けられますが、毛先が被膜しているのでいくらスチームをあてても栄養分が入りづらい。


そして、ロングヘアーの女性。

背中のニキビやただれ、シリコンのせいだと考えたことがありますか?

いくらお風呂上がりに背中用ローションスプレーをしてケアをしているつもりでも

荒れているのはシリコンを落としきれてなかったというのが原因だったりします。

ロングヘアーでなくてもコンディショナーをした際

気をつけていても背中に流れてしまったという経験ありませんか?

シリコンは皮膚についたらすぐ荒れると考えてOKです。

そのくらい危険な薬剤なのです。


次のページでオススメのヘアケア剤をご紹介します▷▷▷

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN