【糖化&黄ぐすみ対策】メイク下地にもパックにも!DHC Pアップセラムで表情&顔色UPケア

スキンケア
いいね! 1件

歳を重ねると気になってくるのが、


黄ぐすみと肌のたるみ


肌の不調は第一に“乾燥"が原因とよく言われますが、

かと言って悩み多きオトナの肌は

保湿だけしていれば良いというわけではありません。


そんなオトナの肌悩みをいっぺんにケアできるアイテムを、

この度MAQUIA ONLINE編集部 様からモニター品としてご紹介いただきました♪


・DHC Pアップセラム (美容液)  

Image title




リッチなピンクカラーボトルが素敵なこちらのセラム。

その大きな特徴は、

いきいきとした肌の維持に役立つ美肌成分

PQQが配合されているところにあります。


PQQとは“ピロロキノリンキノン”という成分のことで、

加齢や環境ストレスによる乾燥やハリの低下からお肌を守ってくれる働きがあります。

PQQは残念ながら体内では作ることができないため、スキンケアから取り入れるしかないそうです。


そこで、

DHC Pアップセラムには

このPQQを高濃度配合

毎日のスキンケアに負担なく取り入れながらも、

これ一本でしっかりエイジングケアと保湿ケアが叶います♪


さらに、ここ数年注目されている

糖化にも着目。


糖化とは、

日々の食事から摂取した糖が体内でたんぱく質と結びつく現象のこと。

体にさまざまな悪影響を与える原因の一つと言われています。


厄介なのは、

食事だけでなく加齢や紫外線ダメージ、飲酒、寝不足、環境ストレスなど、

さまざまな生活習慣が複合的な原因となっている点です。


肌に至っては黄ぐすみや肌トラブルなどを引き起こすうえ、

その根本である生活習慣や食生活を根本から見直さないとなかなか改善できません…泣


DHC  Pアップセラムは、

そんな悩ましい肌の糖化をしっかりとケア。

糖化により結びついた糖とたんぱく質の分解をサポートする

ネムノキ樹皮エキスを配合し、

固くなりゴワついた肌を柔らかくしなめらかに整えて、

ハリと透明感のある若々しく輝く肌へ導いてくれるんだとか…!


しかも、使い方はシンプル。

いつものスキンケアの仕上げにこの美容液を投入するだけでOK。

Image title



仕上げクリームまで馴染ませた後のお肌に使用すると、

肌の上で成分が分離しないかと少々心配になりますが、

使ってみるととても馴染みが良く、

ぐんぐん肌に吸い付くように浸透♪

Image title

Image title


というのも、

高機能な美容液ながらも

無香料、無着色、パラベンフリーの三拍子。

お肌に無駄なものは使っておらず他のアイテムとも組み合わせやすい処方になっています。


それだけでなく、

保湿力が高いのも大きな魅力。

みずみずしさを与えるヒアルロン酸、プロテオグリカン、

そして保湿力の高い米由来のセラミドも配合されているので、

エイジングサインや肌トラブルの根本的な原因とされる乾燥もしっかりケア。


スキンケアの仕上げとしてはもちろん、

メイク下地としても使えば

日中の乾燥によるメイク崩れや小じわ対策にもなりそうです♪


私のように「甘いものが大好き!」という人は、

なかなか糖分節制を徹底するということは難しいのではないでしょうか?泣


さらには忙しい現代女性にとって、

日頃の環境ストレスや肌ダメージ、不規則な生活習慣、寝不足は分かっていても

なかなか徹底して改善するのは難しいはず…


そんな人は、

せめて体の外側からの糖化ケア、エイジングケアとして、

このDHC  Pアップセラムをデイリーケアに取り入れると良いかもしれませんよ♪



【DHC  Pアップセラム製品情報】

http://www.dhc.co.jp/sph/goods/goodsdetail.jsp?gCode=22875



YuMi

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN