人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

砂漠で実証された保湿力!ベストコスメ1位総なめのエスト ザ ローションが選ばれる理由(ワケ)とは??

スキンケア

2018年度新生マキアインスタブロガー が一堂に集結した

春のマキアビューティオフ会♪



今回はなんと

昨年度マキア ベストコスメ大賞をはじめ

美容誌各社のベストコスメで1位を獲得した

人気保湿化粧水、est (エスト)

エスト ザ ローションについての美容セミナーが開催されました!

Image title



セミナーでは

エスト ザ ローションの大きな特徴のである

高い“貯水力”について

実際の実験動画を交えてご紹介頂きました。



そもそも化粧水って

その後に使う美容液やクリームを

お肌が受け入れられるように整える役割で、

個人的には化粧水自体には保湿力をそれほど期待していなかったのですが…


エスト ザ ローション の保湿力は別格。

砂漠での実験の様子を見せて頂き

その結果にビックリ!


Image title


砂漠のように過酷な乾燥環境にあっても

エスト ザ ローションをなじませたお肌は

なんと3時間経過してもその水分量は変わらずにキープされるんです!


日本もここ20年で

外気の湿度低下が著しく

1年を通してお肌の乾燥を感じることが多くなりましたよね…悩


特にオフィスや建物内は夏場も冬場も空調の影響で

私自身もかなりの乾燥肌。


スキンケアに求めることは

何を置いてもまずは“保湿”だし、

日々乾燥が原因で起こる

日中の皮脂の過剰分泌やメイク崩れ、

乾燥性敏感肌がとても気になります。



どんなに高価な美容液や美容クリームを使ったとしても、

やはりお肌がそれを受け入れるだけの潤いと

整ったキメであるかどうかで

そのパフォーマンスは全然違うものになるのは事実。


そんな大人の肌事情にしっかりと応えてくれるのが、

このエスト ザ ローションなのです♪


☆エスト ザ ローション

本品 140ml 税抜6,000円 / レフィル 130ml 税抜5,500円

Image title



とにかく群を抜くその高い肌貯水力の秘密は、

ブランドならではの高い保水技術

砂漠の塩湖で生き抜く生命体から発見された成分、

「エクトイン」にあるのだそう。


さらには保湿成分として、

エスト独自の保湿成分「ATPスピラル」を構成する
・ヒバマタエキス

・月下香培養エッセンス(チューベロース多糖体)

・グリセリン


をはじめ、

・ユーカリエキス

・ショウキョウエキス


といった植物性保湿成分も配合。


ナチュラルコスメ派にも嬉しい

シンプルかつ高機能な化粧水なので、

広く人気があるのも頷けます♪



エスト ザ ローションを継続して使用することで

お肌は常にしっかりと潤い、

同時にキメの粗さと毛穴の開きも気にならなくなってくるのだそう♪



早速お土産で頂いたので、

しっかり朝晩のお手入れに取り入れてみました!


まず手にとってみた印象は

一滴一滴出てくる程よいとろみのあるテクスチャー。

Image title


トロッとしすぎず、

シャバシャバとした感じもなく、

肌に伸びて広がりつつも

しっかりと密着してキメをちゃんと捉えてくれる感じが良いです。

Image title



しかも

一回の使用量が少なくて済むのが魅力♪


大抵、化粧水の一回分て

500円玉程度というのが一般的ですが、

エスト ザ ローションであれば

5滴程度(一円玉サイズ!)の量で

十分全顔に行き渡ります。

( 乾燥が気になるときは、

5滴×2回をハンドプレスして重ねればOK!)



私はかれこれ1ヶ月ほど継続使用していますが、

乾燥性敏感肌だったことも忘れてしまうほど

肌がしっかりと満ち足りて

いつもより肌荒れやニキビの心配もなく

ずっと安定したコンディションだったように思います♪


特に朝は

ハンドプレスでしっかりと二回分重ねづけするせいか、

汗ばんでメイクの皮脂崩れやテカリの気になるこの時期にもかかわらず、

夕方までファンデーションがヨレる心配がかなり軽減しました!


乾燥でファンデのひび割れやシワの出やすい

頬から下まぶたのパーツも、

夜までフラットな見た目のままでした♪


これまでも保湿に特化した化粧水を

色々と使ってきましたが、

エスト ザ ローションはその中でも

お肌の安定感と潤いを特に実感できたように思います。

Image title



長時間続く肌の潤いキープ力も、

他にはなかなかないのでは…?!


空調で乾燥が厳しくなる

これからのシーズンにはなくてはならない

救世主的な存在になりそうです♪



YuMi

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN