人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

ReFa(リファ)初!小顔印象が叶う“ 炭酸ファンデ ”と注目の“うるおい巡る”美容液の魅力に迫る

メイクアップ

〔PR〕

ReFa's ANGELSとして活動させていただいた

この数ヶ月。


ReFa ( リファ )のカッサシリーズや、スキンケアシリーズの
ハイスペックでラグジュアリーな使い心地にすっかりハマり、
今ではReFa CAXA RAY ( リファカッサレイ )を手放せない私です♪
Image title
Image title
スキンケアシリーズ「 ReFa EXPRESSION 」のアイテムたちと
リファカッサレイを併用して継続的にお手入れしてみたところ、
そのスキンケアパフォーマンスにもすっかり夢中になりました♪


そして、
つい先日には…


リファからこの秋
さらなる新製品がデビューするとのことで、
再び発売元であるMTG様のオフィスへ伺い
いち早く新製品を体験してきました♪

これまでに
カッサや独自の技術を採用したスキンケア製品を
中心に展開してきたリファですが、
今回新たに仲間入りしたのは…


なんと、

ファンデーション!

しかも、


これまでメイクアップ製品のお取り扱いがなかったリファだけに大注目なのはもちろん、
今回発売されるファンデーションは他のブランドとは一線を画し、
“ 炭酸ミスト ” と“ ファンデーション "を融合するという
全く新しい使い心地のベースメイクアイテムなのだとか…!

☆ ReFa FIZZ FOUNDATION/ ¥4,800 ( 税抜 )<2個入り>
     リファフィズファンデーション 全2色・SPF20 PA++

☆ ReFa MIST/ ¥34,000 ( 税抜 )
      リファミスト (専用炭酸ガスカートリッジ1本付き)
Image title【10月31日全国発売】

※9月8日より表参道直営店 先行予約開始

※9月15日より他一部店舗先行予約受付開始



まず注目すべきなのが

ReFa MIST ( リファミスト )

純度99%の炭酸を高濃度のまま肌に届けることができるという
他にはなかなかない炭酸ミストなんです♪
Image title

元々はスキンケアツールとして生まれたこちら。

本体部分に専用炭酸ガスカートリッジをセットして、
本体噴射部分の小さな容器(コスメボトル)に専用ジェル化粧水
ReFa JEWEL MASK(リファジュエルマスク)を1/3入れて使用すると、
高純度かつ高純度の炭酸が化粧水と混ざり合い
肌に効率よく届くという仕組みとなっています。

Image title
今回新発売となる

リファフィズファンデーションは、
このリファミストの“ 炭酸美容 ”とリキッドファンデーション を融合させることで、

全く新しいベースメイク発想を提案。
Image title
化粧水の代わりに
リキッドファンデーション入りの容器を噴射部分にセットすると、
リキッドファンデーションと炭酸が混ざり合い
とっても細やかなミストとなって肌に密着します。

Image title
Image title

そもそもリファの発売元であるMTG 様は、

なんでも“ 炭酸美容 ”のエキスパートでもあるそうで…!

今回の新作 リファフィズ ファンデーションに関しても、
その技術を駆使することで独自開発した
炭酸ホールド処方」を採用しているのだそうです。

それにより、
液体に約3倍(※自社調べ)の炭酸を閉じ込めることができるのです。


リファミストで噴射されたリファフィズファンデーションは、
肌に触れた瞬間に高濃度炭酸を封じ込めた炭酸ゲルベースが、
肌に密着し、時間をかけて徐々に炭酸を放出してくれるんだとか♪


また、擬似皮脂膜のような働きにより
お肌を乾燥から守りつつ、


パールエキス※1

低分子コラーゲン※2

マリンエラスチン※3

※1 加水分解コンキオリン(保湿剤) ※2 加水分解コラーゲン(保湿剤) ※3 加水分解エラスチン(保湿剤)


などの美容成分で
メイクしている間もスキンケア効果と
メリハリのある立体的な顔立ちを持続する
という
様々な角度から顔にアプローチするスキンケアを叶えてくれます♪

それはまるで整体のように顔の構造を根本から見つめた発想で開発しています。



まさにリファフィズ ファンデーションはそのメイクアップ効果で

小顔整体ファンデ」と呼ばれるほど

顔の立体美とメリハリを目指せる逸品なんです♪
Image title
今回の体験会では、
ベースメイクを体験する前に、まずはリファミストと
ジェル化粧水のリファジュエルマスクを使用したスキンケアも体験しました。


詳細は次のページへ⇒⇒⇒

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN