最高峰の天然香料フレグランス「FUEGUIA 1833」日本上陸一周年記念プレス発表会

ボディ
いいね! 2件

昨年、グランドハイアット トーキョーに日本初上陸した最高峰フレグランスブランド

「FUEGUIA 1833 (フエギア 1833)」


この度日本上陸一周年を記念して、

製品ラインナップをより上質にリニューアルし新たな世界観を提案されるとのことで、

貴重なプレス向け新作披露会へお邪魔させていただきました。


グランドハイアット トーキョーの一階ロビーのフロアに足を踏み入れると、

ふと感じる柔らかな温もりある香り。


その香りに誘われるようにフロアを歩いて行くと、

静かに佇むラボのような外観のお店が目に入ってきます。

そこが、

FUEGUIA 1833の東京本店ブティックです。

Image title


FUEGUIA 1833は、

2010年に創業者であり調香師の

ジュリアン・ベデル氏によって立ち上げられた、

ブランドとしては新しいフレグランスメゾンです。


日本には昨年2015年秋に上陸し、

間も無く一周年を迎えます。


FUEGUIA 1833の特徴は、

創業以来こだわり続けてきた徹底された品質にありますが。


日本上陸一周年を迎えた今年は

FUEGUIA 1833 の香りの要となる

パタゴニア、アマゾン、アンデスなどの

南米に生息する植物採取、研究、エッセンスの抽出を行う専門のボタニカルセンターを設立。調香を行うラボと生産工場もイタリア・ミラノに移設しており、

植物の採取→エッセンス抽出→調香→生産→販売を全て自社で可能としたそうです。


品質の高い高級フレグランスブランドでも、

香りの素となる香料やエッセンスなどは専門の会社から買い付けることが多い中、

品質を維持しながら自社で植物採取からエッセンス抽出までをも行なうというのはとても大変なことだと思います。

それだけ、一つ一つのフレグランスを「作品」として作り上げているというこだわりを感じます。


さらにこだわりを感じざるを得ないのが、

ブランドの創業者であり調香師の

ジュリアン・ベデル氏の経歴。

Image title


実はアーティスト、弦楽制作家、デザイナーとしても活動されていて、

詩やタンゴを愛好するという一面も。


そんなベデル氏によって生み出されるフレグランスは、

まさにアーティストによる一つの「作品」なのです。

Image title


その香りのボトル一つ一つには

使用される香料の製造番号、年度が記され、

各400本のみの限定生産のパルファンには、

クリスタルにシリアルナンバーが刻印されます。


そして、

FUEGUIA 1833では常に

最高品質の天然素材を使用。

そのため、フレグランスの価格も原料の収穫時期に合わせて

エディションごとに時価制を導入しています。

同じフレグランスでも手に取る時期によって

香り方に変化が生じるのも、

このブランドの魅力となっていますImage title




“エディションごとに生じる香りや

色の揺らぎは、「真の品質の証」"

(ブランド資料より)




これは大量生産ではなく、

一つ一つの香りをベデル氏一人で調香しているからこそできることなのです。


そんなベデル氏によって生み出される香りには、

今まで香料として用いられたことのない

芳香性や薬効のある植物も採用されています。

それによって、

どこか懐かしさと安心感を憶えながらも

他のブランドとはかぶらない

唯一無二の香りが生まれます。

Image title



とはいえ、

今回店内の全ての香りを体験させていただいたのですが、

どんなにユニークな香りでも

何故かスッと気持ちよく受け入れることができるくらいにとにかく軽やかで優しいのです。

これは全ての香りが植物由来だからこその魅力かもしれません。


本来動物由来や化学合成成分から作られるムスクの香りですらも、

FUEGUIA 1833では植物香料のみで作られるそうです。

一つのフレグランスの香りには

なんと100種類以上の植物を使用しており、

その主な香水成分は生物分解可能

エタノールに関してはオーガニック由来で、

香料はもちろん植物由来です。


紫外線吸収剤や合成防腐剤、合成色素、動物由来成分は不使用で、

製品自体の品質はさることながら、

健康や環境への配慮も徹底していることにも驚きました。


中でも、

FUEGUIA 1833のフレグランス100mlボトルを購入すると入れてくれるこちらの素敵な木箱。

香料に使用される植物同様

パタゴニア産の木を使用しているのですが、

倒木を再活用しており天然資源の保護にも繋がっています。

Image title


このように、

製品自体を最高峰レベルで手生産しつつも、

その原産地の環境保護に取り組くむ姿勢は、

小さなブランドながらも信頼ができますし一層の品質の高さも感じますよね。

これまでも色々なこだわりある香りと出会ってきましたが、

ここまで徹底したブランドさんはなかなか無いように思いました。



ちなみに、

香水は香り方とその持続の目安として、

トップノート、ミドルノート、ラストノートで表現するのが一般的ですが、

FUEGUIA 1833ではそのフレグランスの香りをハーモニーを奏でる“和音”として表現し、

3つの相反する香りの香料から独自のアコードを構成しています。

Image title


High notes : 最も長く残り、美しい余韻を与える

Medium notes : 香りに個性を与え、その香水のテーマを表現

Low notes : つけた瞬間の香り。印象を左右。


この“和音”という発想はまさに芸術家であるベデル氏ならではの構成方法ですよね。

とっても素敵な世界観です。


さて、ブランド紹介はこれまでにして、

素晴らしい香りのラインナップや

今回パルファンに加えて新たに仲間入りした

オードトワレ、パフュームオイルについてもご紹介します。

Image title


(次のページへ…)

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN