人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

【サンプルプレゼント情報あり!】まるで洗う美容液!?花王ソフィーナ「乾燥肌のための美容液洗顔体験会」

スキンケア

花王ソフィーナから、乾燥肌のための美容液洗顔シリーズが10月に新登場!


日本女性のなかで一番多い肌悩み「乾燥肌」に着目し、肌のうるおいを守りながら洗い上げる、新感覚のリキッド洗顔料を中心に展開した新洗顔シリーズです。


実際にタッチ&トライできる機会として、先日集英社にて行われた、花王ソフィーナ×マキアオンライン「乾燥肌のための美容液洗顔体験会」へ参加させていただきました。

セミナーでは、ブランド様から商品の魅力や洗顔に重要性などをお話いただきながら、その魅力と正しい洗顔の方法について、美容家の水井真理子さんにレクチャーしていただきました。


Image title

(なんか一人だけ軽装ですみません……)


【乾燥肌のための美容液洗顔料(リキッド)】

Image title


■洗顔の重要性について

Image title

肌が乾燥しがちな方は、朝は水やぬるま湯で洗顔するだけ……という方や、夜もクレンジングのみでW洗顔を行っていない、という方も少なくないのでは?(W洗顔不要のクレンジングは除く)


水では、メイク汚れや皮脂など、油性の汚れは落ちません。

肌に残った汚れは、肌への刺激のもととなりがちで、毛穴のつまりやニキビの原因になることも。


洗顔のし過ぎは乾燥や肌のバリア機能低下を招いてしまうこともありますが、重要なのは

“うるおい”を守って、きちんと汚れを落とす”こと。


ところが、簡単なようで意外と難しいもの。

①洗顔料の洗浄力や成分を意識して選ぶこと

②皮膚への摩擦やうるおい成分の落とし過ぎ

これらを意識して、肌のうるおいを奪うNG洗顔行為を避けるよう意識することが大切です!

Image title


そこで今回、花王の長年の洗浄技術研究より誕生したのが、

うるおいを守りながら汚れをきちんと落とす、乾燥肌のための美容液洗顔シリーズ。


まず、上の画像にあるように、汚れをしっかり落とそうとして肌表面を強くこすってしまうと摩擦となり、肌ダメージを引き起こす原因となってしまいます。

そのため、肌をこすらなくてもすっきりと汚れを落とせる洗浄技術が搭載されているのが特徴!

Image title


とろみのあるリキッド洗顔を、軽く泡立てて肌の上でやさしく滑らせるだけで、以下のようなクリアな洗い上がりに。

水だけの場合はもちろん、一般洗顔料と比較してもその差は一目瞭然!

Image title


■どうやって“うるおいを守る洗浄”ができるの?

Image title

まず、洗顔に限らず“洗う”には、洗浄成分として界面活性剤が肌表面の角層に入ることで、肌のうるおい保持成分が流出してしまいがち


新しいエストの洗浄技術では、洗浄成分を集合化させることで、角層への侵入を最小限に制御することが可能に!

また、高保湿技術により美容液成分を50%高配合。

よって、“うるおい”保持成分の流出を最小限に抑えて洗うことができるのです。

Image title


■タッチ&トライ

Image title

早速実際に、リキッド洗顔の使い心地をお試しさせていただきました。

とり~りとした新感覚のテクスチャーで、泡立ちはゆるめ。

Image title


そして、中学生時代から習慣化しているもこもこ泡洗顔のおかげで、みんなに「泡職人」として写真をたくさん撮っていただきました(笑)

ここまで泡立てなくてもOKとのことですよ♪

好みの泡立て具合でさっと洗っても、前述したようにきちんと汚れが落ちるので時短スキンケアになります!


余談ですが、実は私の職場の男性も、この手軽さが好きで愛用しているそうです!笑

確かに男性って洗顔フォーム使っているわりには、きちんと泡立てているのかナゾなイメージ。


Image title


■美容家・水井真理子さんによる「美しい肌へ導く洗顔法」

Image title

美容家の水井さんからは、洗顔のポイントやコツ、今の時期の乾燥肌ケアなどについてレクチャーしていただきました。


●この時期のスキンケア

猛暑や急激な気候の変化により、今年は特に、インナードライ肌に気を付けるべき!とのこと。

スキンケアは一歩先を意識して、早め早めに次の季節に備えて肌の土台づくりを行っていくのが良いそうです。

季節の変わり目は、肌の新陳代謝(=ターンオーバー)も乱れがち。

肌サイクルを整えて肌の衣替えをきちんと行ってあげることが大切

そのためには、“与える”ケアだけでなく、肌をリセットさせるために“落とす”というケアが重要となってきます。


●洗顔のポイント

こちらのリキッド洗顔料は、しゃばしゃばめの泡でも十分OKなので、時短できちんと汚れを落とせるのが何よりのポイント!

フェイスラインや生え際はもちろん、皮脂やメイクが溜まりがちな眉、もみあげ部分など、洗い忘れがちな部分も念入りに。

そして、すすぐ際には手を上から下へ、顔を丸く洗うようなイメージで優しく泡を落としてあげると良いそうです。


『美は一日にしてならず』

とはよく聞きますが、毎日朝晩必ず行う“洗顔”こそ、丁寧に行いたいもの。

水野さんいわく、『綺麗になることは落とすことから始まる

――まさに、綺麗=クリアな状態。

肌づくりや、美容習慣の見直しになりました!


Image title


余談ですが、セミナーのあとはVIPメンバー&編集部の皆さんと久々に集合し、アンバサダー会!

Image title

活動を始めて、気づけば7年目。

遠方のメンバーもいるのでなかなか集合できませんが、勝手に姉妹のような存在に思っています。


メンバーも編集部の方々も、個性豊かなキャラクターと飾らない美しさが本当に魅力的なんです。

気さくで優しく、時に情熱的な皆さんが本当に大好き。


“綺麗な人”より“美しい人”という表現が好きです。

美しさは、容姿をつくるだけではあらわせないものだから。


セミナーで美容家の水野さんが肌を見ればその人がわかるとおっしゃっていましたが、

“美容”は女性にとって、生き方そのもの。

その時々の肌や表情、姿勢を“美容”というフィルターを通じて客観的に見つめることで、自分自身や環境の変化にしなやかに順応することができる。


常に心地良い自分で在ろうとする人は、まわりの人も心地良くなれるもの。

だから私は、美しい人が好きです。


いつも素晴らしい刺激と、エキサイティングな体験、そして腹筋崩壊レベルの愉快なひと時をありがとうございます♡

Image title

(85年組の編集部Tさん&アンバサダー仲間のayakoどん♡)


話は逸れましたが、早速セミナーのお土産としていただいた商品を使わせていただいています♪

Image title

乾燥肌のための美容液洗顔料  <リキッド>

乾燥肌のための美容液メイク落とし  <クリーム>


洗顔料は、セミナーでもお試ししたとおり洗い上がりはしっとり!!


また、クリームタイプのクレンジングはしっとりとした洗い上がりが好きな反面、汚れの落ち残りが気になるものが多いイメージだったのですが……洗顔料同様、こちらもしっかりメイクとなじんで汚れが落ちます!

Image title

洗い上がりの肌もとぅるんとしていて、リキッド洗顔と合わせてW洗顔した後も、肌がつっぱったりカサついた感じがしません。


肌が揺らぎがちな季節の変わり目、うるおいながらきちんと汚れを落とせる……というスキンケアは、本当に大切。

ドラッグストアなどで手軽に手に入るのも、習慣化しやすくてありがたい!


まさにこれからの季節の日本女性にとって嬉しい存在、乾燥肌のための美容液洗顔シリーズ


今、サンプルがもらえるキャンペーンも行っているようなので(なんと50,000名様に当たる!!)

WEBサイトもチェックしてみてくださいね♪


オフィシャルサイトはこちら>>

https://www.sofina.co.jp/facewash/

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN