【新商品発表会】”本物の洗練”を極めた「クレ・ド・ポー ボーテ」2017秋冬リップ

メイクアップ

先日行われた、資生堂のハイプレステージブランドクレ・ド・ポー ボーテの新商品発表会の様子をレポート!


会場となったのは、国の重要文化財である東京国立博物館

Image title


クラシカルで厳粛な雰囲気漂う空間で、“本物の洗練”に触れるひと時は、まるで夢のなかにいるよう。


2017年秋冬のクリエーションテーマは

「Chinoiserie Chic!~美は細部に宿る~」


”シノワズリ”にインスピレーションを受け、西洋と東洋の融合が生み出す、大胆かつ繊細で、奥深く神秘的な魅力を表現する美の世界観を展開。


そんな新カラーメイクアップ・クリエーションの主役となるのが、2017年7月21日新発売となる、新ラグジュアリールージュ。


『クレ・ド・ポー ポーテ ルージュアレーブルn』

Image title


博物館内に、それぞれのテーマに合わせた世界観とともに展示されたリップたちは、まさに芸術作品。

Image title

Image title

12色のリップには、クチュールを極めた各々のストーリーが込められています。

“色”だけで表現された“物語”。

その神秘的な美しさに、思わず感性がくすぐられる。


Image title


Image title


発表会のあと、早速新作リップをタッチアップ。

国の重要文化財のなかでメイクアップをするなんて、恐れ多い気もしますが、より”一本のリップを塗る”という、ただそれだけの行為に、特別感と高揚感をおぼえる瞬間でした。


ただ自らの一点を、ほんの少しその色に染めるだけで。
思わず背筋が伸びる、紅の魔法。


Image title


私がチョイスしたのは、こちらの2色。


Image title

左:#10 シノワズリ

右:#12 ピローブック


まずは全体に、軽くシノワズリをオン。

今回のメインカラーでもある、こちらのカラー。

東洋と西洋の出会いを感じさせる、レトロでありながら洗練されたモダンな雰囲気のあるピンク。

Image title


そして、唇の内側にピローブックを”つぼみ塗り”。

ディープな本体のカラーに比べて実際に塗ってみると、とろけるように唇の色になじみ、ほのかな遊び心を演出しつつも唇に生き生きとした血色感を与えてくれるムーディーな発色。

Image title


なめらかなフィット感と付け心地の軽やかさで、表情にも余裕を宿してくれる。


大胆なのに繊細。その”洗練”が、官能的でありながら、ヘルシーで自然な調和を演出してくれるリップカラーです。


口紅は、今も昔も、女性が女性であるための鍵のようなもの。


芸術品のような引力を感じさせると共に、その時の自分を表すタロットカードのように、衝動的にぐっと惹きつけられる一本が必ず見つかるはず。


発売は2017年7月21日とのこと。

GINZA SIX限定カラーなどもあるので、発売日近くになったら店頭でチェックしてみてください♪


クレ・ド・ポー ボーテ 公式サイト

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN