人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

上質な“大人の甘さ”を丁寧に重ねて“香り”を楽しむ【ロジェ・ガレ『フィグ』】

ボディ

“香り”と“音楽”って、何だか似ているなぁ…と感じることがある。

その時の気分にぴったりなものに浸ったり、ふと偶然触れた時に懐かしさを覚えたり。


先日香りのイベントに参加する機会があり、それからすっかり最近の“私の香り”となっているのが

ロジェ・ガレの『フィグシリーズ』。

Image title


■ナポレオンも愛用!『ロジェ・ガレ』ブランドについて

ロジェ・ガレ(ROGER&GALLET)」は、150年以上もの歴史を誇るフランスの老舗フレグランスブランド。

フランスをはじめ、イギリスやベルギーなどの王宮への公式サプライヤーを務めてきた伝統あるブランドであり、ナポレオンマリー・アントワネットなど多くのロイヤリティに愛用されていたそう。


常にフレグランス&ビューティ界のトップリーダーとして、香りはもちろん、ボトルなど世界観ごと、伝統を大切にしながら現代的な感性を取り入れたアイテムの数々が現在も世界中で愛されています。


当初から高度な“蒸留技術”を取り入れ、ナチュラルな原料から希少性の高いエッセンス配合したフレグランスやソープ、ビューティ製品がラインナップ。

最大95%の自然由来の成分を配合した、ハイクオリティにこだわった上質で繊細な香りの世界観は、香りマニアとして、一度体感するとハマってしまうのも頷けます……



■世界的人気シリーズ『フィグ』Image title

そんなロジェ・ガレの中で、代表的なベストセラーシリーズ『フィグ』。

フィグ(いちじく)の果実と葉、グレープフルーツとマンダリンをブレンドしたジューシーな香り。地中海沿岸を散歩しているイメージで、すがすがしくて温かみのある果実感が漂います。


甘い香りは苦手な私ですが、瑞々しいほどリアルなフレッシュ感と、奥深い余韻がたまらなく心地良い不思議な香りに、すっかり虜になってしまいました。


なぜなのか…と思ったら、フランスの若手実力派調香師「フランシス・クルジャン」が調香しているとのこと!!

クルジャンがフランス・エステレルを訪れた際に、地中海岸沿いにあるフィグの木々であふれた庭からインスピレーションを受けて生まれた香りなのだそう。


自分の定番の香りとして愛用している『フランシス・クルジャンの“AQUA”』も、

20代前半の頃に恋した「エリザベスアーデンの“グリーンティ”』も、

彼が手掛けたもの。


深呼吸したくなるような透明感の中に、ほのかに個性の余韻を宿す世界観が、たまらなく好き。


クルジャンの虜仲間なつみちゃんにもイベントで遭遇。アイコンタクトで通じ合いました(笑)

香りの好みが合う人は、何となく親近感が湧きます♡

Image title

(真ん中はクルジャンではなく、ナポレオンです!)



■香りの3ステップケア

今やお馴染みとなっている香りのレイヤードも、フレグランスの新習慣として創業当時からオリジナルの“ビューティリチュアル”を提案している『ロジェ・ガレ』。


①香りで洗い

②香りで潤し

③香りをまとう


この3ステップでフレグランスを重ね付けすることにより、頭からつま先まで、ラグジュアリーで洗練されたオリジナリティのある香りを生み出すことができるという考え。


フィグパフューム ソープ

Image title


伝統のカルドロン製法によって、丁寧に香りを練り込まれたパフュームソープ。

香りをメインとしたソープは泡立ちがあまり良くないイメージがあったのですが、こちらは肌あたりの良い、やわらかな泡立ちでしっかりと洗えます。

パフュームウォーターやオイルと比べて甘さは抑えめで、清潔感のある爽やかな香りがバスルームに広がり、癒されます♪

ラッピングの見た目もエレガントで可愛いので、ちょっとしたギフトにも重宝しそう。



フィグパフューム オイル

Image title


ベタつかずに体全体にまんべんなく伸びて、全身からほんのりと香りが立つようなパフューム オイル。

香りの良さだけでなく、植物由来オイルと果実由来のオイルが配合されているので肌馴染みがよく、なめらかで適度なツヤのある肌に整います。


シャワーを浴びた後、タオルオフする前に全身にシュッシュと振りかけて、馴染ませて使っています。

スプレーなのでつけすぎることがなく、使いやすいのも◎。

さらに手のひらにシュッと出して、髪の毛先にヘアオイル代わりに使うとふわっと香るのでオススメ。


フィグパフューム ウォーター

Image title


フィグ=いちじくの果実の、じゅわっと弾けるようなフルーティーな香りと、葉のさわやかな青み、そして樹皮とムスクの温かな余韻がたまらなく心地良い香りのハーモニー。


バシャバシャ使っても甘ったるくならず、ふんわり軽やかに香るので、暑くなる季節にも気軽に使えそう。

フレグランスウォーターだけをつけるよりよりも、オイルと重ねたほうが香りに奥行きが出て、個人的には好き。

同じ香りを纏っても人によって香り方にも個性があらわれそうです。


朝シャン派なので普段は朝出かける前にこの3ステップを行うと、フィグのフレッシュな香りの変化とともに一日中ハッピーな気分で過ごせます♪

また、ゆっくり過ごす夜には、お風呂上がりにボディオイル、そしてフレグランスウォーターを寝る前にシュッとひと吹きしてベッドへ飛び込むのが、たまらなく幸せ。

そして起きた時のほのかな残り香が、いちばんのお気に入り。


纏うだけで幸せな気分になれる、イチジクの甘さと包み込むようなムスクの香りの、ロジェ・ガレ『フィグ』。

Image title


5月14日に発売された新商品『フィグリーフ パフュームウォーター』も気になる!!

イチジクの葉をメインに、ベルガモットやベンゾインをブレンドした青々とクリーンな香りのイメージで、これからの季節に良さそうです♪


▶ ロジェ・ガレ(ROGER&GALLET)

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN