乾燥が気になるこの季節も、やっぱりアスタリフトが頼りになるんです。

スキンケア
いいね! 5件

〔PR〕

ついにハワイに移住したアスタリフト内閣、

紫外線防衛省アクティブ庁長官のゆきです。


実はハワイも、この時期は雨季で朝晩ちょっと肌寒いんです。


とはいえ昼間は暑いし、紫外線も相変わらず強い。

そして、朝晩は寒くてなんだかちょっと肌も乾燥気味。


日本はさらに乾燥が気になる季節ですよね。



そこで、今回ご紹介したいのは、

アスタリフトの「ハリ・うるおいケア」のライン。

Image title



アスタリフトのコンセプトに、

「もっちりとうるおって、ピンッ!と弾むようなハリのある肌。

そんな肌には、表情までいきいきと明るく感じさせるパワーがあります。

歳を重ねることに前向きでありたいすべての女性に、そんな輝く肌を。」

という言葉があるのですが、


本当に、

女性という生き物は、自分の肌の調子がいいと、

気分までウキウキして、自然と笑顔になってしまうなって思うんです。



アスタリフトは、

「アスタキサンチン」と「リコピン」という

これまでスキンケアに活かすことが難しかった天然の赤の成分を、

独自のナノテクノロジーで肌に届けてくれるんです。


だから、本当にもっちりとうるおって、ピンッ!と弾むようなハリのある肌にしてくれるんです。




まずは、洗顔後最初に使う、ジェリー状先行美容液

「ジェリー アクアリスタ」60g12,960円 40g9,720円 レフィル有り

Image title

これを最初に使うことで、後から使う化粧水や美容液などの浸透が明らかに変わる!!

そして、潤いが確実にアップする気がします。

1年中手放せないアイテムですが、特に冬場には絶対的にオススメのアイテム。


うるおいの鍵である“セラミド”は年齢とともに減少してしまいますが、

この、ジェリーアクアリスタは、「Wヒト型ナノセラミド」が配合されています!!


うるおいをかかえる「ヒト型ナノセラミド」と、

うるおいをとどめる「ヒト型ナノアシルセラミド」。


この2つの「Wヒト型ナノセラミド」は、

人の肌に含まれるセラミドと同じ構造のためなじみやすく、

ダブル配合により、お手入れ効果が約2.3倍にもなるんだそう!



そんなジェリーアクアリスタは、自己復元ジェリー

1度形を崩しても、1〜2分で元に戻るんです。


before

Image title



after

Image title


とにもかくにも使い心地も、効果も自信を持ってオススメできるアイテムです。




お次は、化粧水

「モイストローション」130ml4,104円 レフィル有り

Image title

先日ご紹介したばかりの、リニューアルされた化粧水。

紹介記事はこちら↓

ビューティ★シェアレポート♡さよならすべきコラーゲン!!アスタリフトセミナー

https://maquia.hpplus.jp/blog/account/yuki_maquia/skincare/GUkXQSU


さよならすべきコラーゲン悪玉コラーゲンこと”ダメコラ”をクリアし、

新たなコラーゲンを再生してくれるんです。


モイストローションを使った後の肌は、

指が吸い付くようなもっちり肌に♡


肌につけた途端にスーッとなじむテクスチャー。

ベタつかないのに、本当に肌の奥深くから潤う感じがします。

Image title




そして、このラインで1番オススメなのが美容液。

「エッセンスデスティニー」30ml6,480円 レフィル有り

Image title

肌のハリをサポートする成分としてフジフイルムがたどり着いた

「高浸透型レスベラトロール」が配合された美容液。



濃い赤が効きそう!!な感じがする、

少しこっくりしたテクスチャーの美容液です。

Image title

エッセンスデスティニーを使うと、本当に肌にハリが出るのを実感できますよ!!!



最後は、「クリーム」30g5,400円 レフィル有り

Image title

コラーゲン、ローヤルゼリー、スクワランなどが凝縮されたうるおいのヴェールで、

しっかりと美容成分を閉じ込めてくれます。


こっくりとした重厚なコクのあるテクスチャーで、

肌に伸ばした瞬間からピンっと肌が弾むような感覚に。


Image title




このハリ・うるおいラインでしっかりケアすると、

乾燥が気になるこの季節でも、

どんどん自分の肌が好きになりますよ♡♡





アスタリフト内閣についてはこちら↓から

https://maquia.hpplus.jp/special/mq/astalift1610/

Image title


「紫外線防衛省 アウトドア庁長官」として活動させていただいております

Image title


RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN