【イベントレポート】驚愕!美肌を育むキーと防腐剤のもたらすコラーゲンへの影響とは?

スキンケア
いいね! 0件

突然ですが!

美肌を育むためには角質が大切なこと、防腐剤がもたらすコラーゲンへの影響をご存知でしょうか。


先日参加させていただいたマキアビューティシェアにて、ファンケル様主宰『肌落ちに負けない!アガるセミナー』に参加させていただきました。

Image title

そこで衝撃の事実を教えていただきましたので、さっそくシェアも兼ねて、レポートいたします!



■美しい角層の誕生にアプローチすることが美肌への第一歩

耳にしたことがある言葉『角層』。

私の中ではどうも『垢』や『古い皮膚』というイメージがあったのですが、実は美肌を育む大切な要素なんです!


<美しい角層になるには?>

ずばり、角層のもととなる細胞が誕生した時がポイント!

角層の赤ちゃん細胞がしっかり栄養を取り込むことができる状態にあると、やがて美しい角層になります。

そこでいい仕事をしてくれるのが「アクティブセラミド」という成分。


(アクティブセラミドとは?)

角層の赤ちゃん細胞が栄養を多く取り込めるよう働きかけ、肌が自ら美しい角層を生み出す力を高めてくれる成分です!

Image title



■育むだけでなく、補うことも必要

次に着目するのは肌のスプリング『コラーゲン』。

悲しいことに35歳以降、コラーゲンの生成力は衰え、減少していきます。

結果、肌はハリ・弾力を失っていくことに。

ショック!!

そして、肌内部のコラーゲンにももちろん鮮度があります。

肌の代謝が悪くなると、必要な美容成分が肌内部に届きにくくなり、すでにあるコラーゲンもハリ・弾力を失ってしまいます。

ショック!!


<ハリ・弾力をよみがえらせるには?>

肌により吸収されやすい形で浸透させることが肝心に。

そこでファンケルは、肌に多いⅠ型・Ⅲ型のコラーゲンに着目。

肌により吸収されやすい形を目指し低分子化した「適応型コラーゲン」を開発しました。

年齢肌に必要な美容成分をしっかり届け、ハリ・弾力を呼び戻します。


(適応型コラーゲンとは?)

機能性の高い低分子コラーゲン。

ファンケル独自開発の成分です。

特徴としては、

・吸収性がよい

・様々な型のコラーゲンにも適応してくれる

 ⇒肌に不足したコラーゲンを強化してくれる

といった機能があります。


この2大成分

・角層を美しく育む「アクティブセラミド」

・浸透しやすい独自成分「適応型コラーゲン」

に着目した結果、誕生したのがアクティブコンディショニングシリーズ

Image title



聞けば聞くほど、気になる。。


ということで、実際に製品をタッチアップさせていただきました。

(防腐剤のコラーゲンへの影響についても次ページにてご紹介致します。)

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN