乾燥、ゆらぎ、赤み・・肌悩み根本解決の科学的効能実証済み!フランス政府お墨付き温泉水とは?

スキンケア
いいね! 1件

先日、MAQUIAブロガー2017ビューティオフ会】に参加させていただきました。


そこで開催されたアベンヌ様主催の美容セミナーは、目からウロコ情報がたくさん!


大変勉強になったセミナーレポートをご紹介致します。

Image title




■肌のカサカサ音は、肌が乾燥している証拠!


肌を指でさすった時に鳴るカサカサ音。

実はこれ、肌が乾燥している証拠なんです。

皮膚科では、この『カサカサ音』の大きさで肌の乾燥度を計るのだとか。

確かにお風呂上りの肌はカサカサ音がしませんよね。。

ひぇ~!!



■冬の暖房は乾燥の元


空気が乾燥している冬。

寒いのでどうしても暖房器具に頼ってしまいますが。。

石油ストーブ以外の暖房器具は全て部屋の湿度を下げてしまうそうです。

肌あれやカサカサ、ほてり、赤みの原因に。



■アレルギーで肌が揺らぎやすい春


むずむず・かゆかゆ、皮むけやごわごわ。

肌トラブルの多い季節の方も多いのでは?

そもそも、外部刺激に負けない土台のしっかりした肌であることが重要ですが、敏感症状を感じたら、すぐに肌を静かな状態に落ち着かせることが大切です。



■夏場の汗に要注意!汗が肌にもたらすもの。


暑い夏につき物の『汗』。

体温調整に必要な生理現象ですが、肌にもたらすものは結構重たいんです。

例えば、

◆冷たい部屋に入って、結晶化された汗でムズムズかゆくなる

◆汗で身体のミネラルが不足 ⇒ 肌のミネラルも不足!

など。

汗は必要なものだから、『出てしまったもの』を外部から意識的にこまめに補うことが必要です。



■健康肌の6キーワード


知っているようで知らなかったキーワード。

実は意識すればすぐに実行できることばかりでした。


①自分のチカラで水分を作れること

②外部の乾燥に負けない、土台のしっかりした肌であること

③肌の熱さを感じたら、すぐに熱を取り除くこと (炎症を続けることは、肌疲れにつながる)

④敏感症状を感じたら、すぐに肌を静かな状態に落ち着かせること

⑤トラブルに負けない・悪くならないしっかりした土台づくり

⑥乾燥を感じたらすぐに潤い補給すること (肌は乾燥に慣れてしまうから)



■土台がしっかりしてない肌は、何をしても栄養吸収できない


健康な肌の土台作りのポイントは【ミネラル補給と保湿ケア】

でも、ミネラルは食事で摂っても脳や心臓などの臓器に使われてしまうので、【肌に届けるには肌から補給】が必要なのだそう。


な、なんと!

ほとんど肌に届いていなかったなんて。

衝撃。

全く知りませんでした。。




いろいろと聞けば聞くほど、どうしたら肌に良いケアになるのか。。


悩める子羊状態になったところで、フランス低刺激・皮膚科学スキンケアのシェアNo.1コスメをご紹介いただきました。


科学的効能実証済み!フランス政府お墨付き温泉水の底力とは?

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN