人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

黒ごま&きなこパワーでアンチエイジング

食事

美容のために毎日飲んでいるもの。

それはこちら。


Image title

※こちらはgood juice cafe のものです。

黒ごまきな粉スムージー。


黒ごまきなこパワーは本当にすごい。

まず、栄養素の多さ。

黒ごまだけで以下の栄養素。

ビタミンB1、ナイアシン・・・エネルギー生産に必要。疲労回復イライラ防止記憶力や集中力を高める効果。粘膜や皮膚を健康に保つ効果。二日酔い防止。血行の促進。

ビタミンE・・・高い抗酸化作用を持つビタミンで、皮膚や血管の老化を予防。アンチエイジング。美肌や動脈硬化予防のほか、ガンやアルツハイマーの予防効果も期待できます。

アントシアニン・・・ポリフェノールの一種で視覚機能の改善や、内臓脂肪の蓄積を抑える効果、抗アレルギー効果などが期待できます。

カルシウム・・・骨や歯を丈夫にしてくれて、ストレスを和らげ、イライラを予防してくれます。

ゴマリグナン(セサミンなど)・・・黒ごまでもっとも注目される成分がゴマグリナンです。あまり聞きなじみのない名前ですが、この中に含まれる代表的な成分にセサミンがあります。セサミンは強い抗酸化作用を持っており、ビタミンE同様、細胞の老化を防ぎます中でも肝臓で高い抗酸化作用を発揮し、肝臓の活性酸素を取り除いて細胞が傷つくことを防ぐ働きがあります。肝臓でアルコール分解を助ける働きもあり、二日酔いや悪酔いの防止が期待できます。また、コレステロール値を下げる効果や高血圧予防などの効果もあると言われています。美容に嬉しい効果としては、メラニンの生成を助けて白髪を防止したり、コレステロール値を低下させて血行を良くすることで抜け毛防止したりと髪の毛の悩みにも効果が期待できます。

きな粉の栄養素

ビタミンE、カルシウム

レシチン・・あまり馴染みのないレシチンという栄養素は、リン脂質と呼ばれる脂質の一種で、細胞膜を作る主な成分です。様々な生理機能を担うほか、神経伝達物質をつくる際にも必要とされます。記憶力や学習能力を高めたり、アルツハイマー病や認知症を予防する脳に働く効果のほか、動脈硬化を予防する効果、肝機能を高める効果、さらには美肌効果も期待できるといわれています。

食物繊維・・・食物繊維は水に溶けやすい水溶性と溶けにくい不溶性に分けられますが、きな粉にはその両方が入っています。ですから、様々な食物繊維の効果が期待できます。食物繊維といえば便秘に良いのは有名ですが、他にも、コレステロール値を下げる効果、糖尿病を予防する効果、高血圧を予防する効果などがあるといわれています。

サポニン・・・サポニンは大豆や高麗人参などに含まれる健康成分です。肥満を予防したり、コレステロール値を下げる働きのほか、免疫力を高める効果、肝機能を高める効果なども期待できます。

トリプトファン・・・トリプトファンは必須アミノ酸の一つで、精神安定作用や、鎮痛作用を持つ神経伝達物質の原料となる栄養素です。アンチエイジングや月経前症候群(PMS)を改善するなど女性に嬉しい効果のほか、不眠の解消、鎮痛効果、集中力や記憶力を高める効果などが期待できます。

大豆イソフラボン・・・きな粉でもっとも注目される栄養成分が大豆イソフラボンです。イソフラボンはポリフェノールの一種で、女性ホルモンとよく似た働きがあり、女性らしい体をつくる役割があります。月経周期の乱れを改善したり、更年期障害の症状を改善するほか、美肌にも効果が期待でき、まさに女性には嬉しいことずくめの栄養素です。さらに、骨粗しょう症を予防する効果、生活習慣病の予防・改善効果などの効能もあります。意外なところでは、女性ホルモンに似た働きが抜け毛にも効果があると言われており、女性だけでなく男性にも嬉しい効果ですね。


2つの中にこれだけの栄養素が含まれており、美容、健康に嬉しい体が喜ぶ成分の塊です。

そして効果効能としては以下のようなことが。

・コレステロール値の低下

・髪の毛の悩み解消

・ダイエットや女性ホルモンによる悩みなど女性に嬉しい効果

・抗酸化作用で体の老化防止

・肝機能を高める

・骨粗鬆症の予防


スムージ〜作るのめんどくさ〜いという方は、すり黒ごまときな粉を投入か牛乳で割ってはちみつを少し入れるととても美味しいですし、朝ごはんでとってもok

または朝ごはん代わりにバナナジュースの中にこの2つを入れればバランスの良いダイエット食にもなります。


毎日同じものを摂るのは大変ですが、アンチエイジングは塗るだけでなく中から。

24時間働く内臓のために!

※アレルギーにはくれぐれもご注意ください。



RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN