人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

【セルフネイル】おゆまると3Dジェルでネイルパーツを自作❤利き手にも簡単に立体ネイルアート❤使い方

ネイル

Image title

3Dジェル。普通のジェルではなく、その名の通り3D=立体アートが出来るジェルがあるって、ご存知ですか?


3Dアートと言えば、アクリルパウダーとリキッドで作る物でしたが、素人には難しいですし、リキッドのニオイも強烈なので、なかなか手が出せないですよね。わたしは10年以上前にアクリルで3Dネイルをしたことがありますが、コツをつかむまで大変で、ホントに臭い!!なので最近は全くやっていませんでした。

ところが最近、アクリルではなくジェルで3Dアートが出来る商品が発売され、セルフネイルで3Dアートが気軽に出来るようになりました♪

いつも愛用しているプチプラジェルからも3Dジェルが発売されていたので、購入して試してみましたよ❤


Image title

プチプラ 3Dジェル

全9色 各150円

わたしは、ライトピンク、レモンイエロー、ライトブルー、ラベンダー、ホワイト、の5色を購入しました。


Image title

中身は、硬めの粘土、って感じで、かなり硬め。筆では取れないので、爪楊枝で。これって使えるの!?と不安でしたが、大丈夫でした★


さて、この3Dジェルを使えば、自分の爪に立体アートが出来るのですが、利き手に立体を作っていくのって難しいですよね。

なので、まずはパーツを別で作って、後で乗せることにしました。


【3Dパーツ作りの準備】

以前ネットで見た方法を応用しました。

Image title

100円ショップなどで売られている、おゆまる(または、類似品のイロプラ)を使います。お湯で温めると柔らかくなり、冷えると固まる性質があります。固まると、スーパーボールみたいな感触に。シリコンの型のように使うことが出来ます。


Image title

おゆまるをお湯で温めてやわらかくした後、自分の爪のカーブに近いネイルチップを押し当て、型を取ります。

この上に、3Dジェルでアートをして、パーツを作りますよ。平面でパーツを作ると、爪に乗せたときに浮いてしまいますが、この方法ならカーブが付いたパーツが出来ます♪


次のページで、実際に3Dジェルの使い方、パーツ作りをご紹介!

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN