夏バテしない元気な体は「ケイ素」と「良質な睡眠」に秘密があった!!

ライフ
いいね! 2件


注目の美容成分ケイ素についてご紹介します。


ケイ素(シリカ)は、

細胞と細胞を繋げるコラーゲンを

活性化させるミネラル成分であり、
皮膚、血管、骨、髪の毛、

内臓機能の補強、免疫系の強化など、

体を健康に保つ上で必要な成分なのですが、


残念ながら、


体内生成ができないので、

年と共に減少する一方です。


ですので、
食べ物や飲み物で補います。



ケイ素が多く含まれる食べ物は、

玄米、ひえ、あわ、大麦などの穀物類、

海藻、青のり、帆立、ホウレンソウ、アスパラガス、じゃがいもなどを食べると良いとされています。




{暑くて寝苦しい夜もケイ素で解決!?}


人間は一晩のうちに浅い眠り(レム睡眠)と深い眠り(ノンレム睡眠)を繰り返しています。

レム睡眠は体が休まり、ノンレム睡眠では脳が休んでいます。


体と脳の両方が休まることで、疲れが取れ、次の日スッキリ目覚めることができるのです。


ノンレム睡眠の際には、成長ホルモンが分泌され、新陳代謝が活発になり細胞の修復を行います。


お肌のゴールデンタイムとされる夜10時~深夜2時の間は、

この成長ホルモンがもっとも出やすい時間ですので、

この時間に眠ることで、肌細胞を活性化、疲れを残さず

スッキリと夏バテしにくい健康体を手に入れることができます!



余談ですが、
加圧トレーニングはベルトを腕や足の付け根にベルトを巻き血流のを抑制しながらトレーニングを行うことで、巻いた部分の筋肉内の乳酸濃度を急激に高め、筋肉の疲れを脳内に伝え、疲労を回復させるために成長ホルモンを分泌します。なので、ゴールデンタイムにしか作り出せない成長ホルモンが出せると、美容トレーニングとしても人気がでましたよね。何年も通っていましたが、結局いつまでも慣れずに痛くて(私には)やめました(´・ω・`)



{眠くなるのはなんで?}


夜遅くなると眠くなり、朝になると目覚めるという体内時計は、

メラトニンが脳に指令を出しているから正常な生活リズムを保っています。


この指令が良質な睡眠にはとても重要です!


メラトニンは大脳の「松果体」というところから出ていますが、

この松果体の主成分がケイ素なんです。


ケイ素(シリカ)も、40歳を過ぎる頃になると20代ころより半分ほどに減少してしまいます。

(年をとると眠れなくなる原因のひとつでもあります)


メラトニンの分泌を減らさない為の3つ


・22時~2時の間に眠る(成長ホルモン分泌)

・湯船にゆっくりつかる(リラックス効果、血流促進)
・寝る前のスマホを控える(刺激をあたえない)


寝る前のスマホの光が大敵!!!

体内時計では夜であるのに、スマホやPCの光を寝る前に浴びると朝が来たと脳が勘違いをしてメラトニンの分泌量が減ってしまいます。(PCやスマホをを触っているとつい寝る時間が遅くなってしまったりしますよね。触っていると眠気が遠のくのも脳が勘違いをおこしていたからなんです。)


寝つきが悪い、深い眠りにつけない、寝ても疲れるといった若い時には無かった悩みもケイ素(シリカ)を取り入れる事で解消できるかも知れません。



<まとめ>


◇美肌効果
コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸など結合を高め

肌の弾力やハリを保ち、爪や髪を健康に


◇骨粗しょう症予防

カルシウムの吸収率をあげる


◇デトックス効果

有害物質を排出させ新陳代謝が活発に


◇抗酸化(アンチエイジング)

免疫力を向上させて細胞を活性化させる



無意識に飲んでいるお水も少しの知識で健康につながると思うと嬉しいですよね♡

Image title

100mlあたり14.3mgのケイ素(シリカ)が含まれているピンククロスビューティーウォーター


九州大分の国産が嬉しいです♡



コラーゲン、ヒアルロン酸、アミノ酸などのサプリメントと一緒に飲むと、

吸収率があがるそうでうす。



公式サイト

https://www.pink-cross.com/b-water/




この夏は、ケイ素水を飲んで良質な睡眠で、

夏バテを回避したいと思います!!!




田中美帆


RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN