敏感な時期にこそ使いたい1ヶ月の集中ケア!ランコムの発酵生セラムでゆらぎ肌さえも美しく。

スキンケア
いいね! 8件


ジェニフィックをはじめ、レネルジーシリーズを愛用している私。

Image title

ランコムを代表すると言っても過言ではない人気商品のひとつ、

ジェニフィックから新発想の美容液が8/18発売になったのをご存知でしょうか?


購入を検討していたときにマキアオンライン編集部様より商品をご提供いただきましたので、

実際に自身のお肌で試したレポートをさせて頂きます。

Image title


ジェニフィック アドバンスト

デュアル コンセントレート

20ml 10000円(税抜) 

HPリンク→


こちらはゆらぎ肌に着目した製品。

1ヶ月の短期集中美容液です。


女性にはどんなに丁寧にケアをしていても、

どうしてもお肌の調子やターンオーバーが乱れてしまう

“ゆらぎ肌”のタイミングがあります。


そんな時期は殆どの方が

最低限の“守りのケア”

を選択すると思うのですが、

こちらの商品はそんなお肌がゆらいだ時期こそ

“攻めのケア”

でより自信をもてる肌状態へ導く、というもの。


実際にわたしも、

30歳を過ぎて生理前後のザラつき、ごわつきなどお肌の不調を感じることが多くなってきたので

こちらの美容液のコンセプトは求めていた効果そのものです。

夏休みの疲れか、毛穴詰まりや吹き出物がいくつかある状態のお肌で使用を開始しました。


こちらの商品の特筆すべきは

“完成、仕上げは自分で”というところ。

最後の仕上げを自分で行って、フレッシュな美容液を完成させる

ユニークな美容液なのです。


商品ボトル本体にセットされているカートリッジ部分をひねり回しながら差し込むと、

ブルーの液体がもやもやっと出てきます。

Image title

このブルーのもやもやの正体こそが

自然由来のポリフェノール、フレッシュな“フェルラ酸”

開封時まで密封された状態にあるこのフェルラ酸が、

ジェニフィックの代名詞とも言うべき

ビタミンE・乳酸菌エキスなど美容成分が豊富に含まれたベースの“発酵エキス”と合わさり、

しっかりシェイクしてフォーミュラを均一に混ぜ合わせることで

発酵生セラム

ジェニフィック アドバンスト デュアル コンセントレート

が完成するんです!


*側面からももう一度…

ブルーのもやもやをシェイクして混合すると白濁する視覚的変化も楽しめます。綺麗です…!

Image title


シルバーヘッドのピペットをセットしたら使用可能!


Image title


テクスチャーは通常のジェニフィックと比べるととろみが感じられるやわらかさ。

ジェルに近いみずみずしいやわらかなエッセンスです。

Image title


お肌にのせるとすっと馴染んで、優しい使い心地。刺激などは一切なし。

気になる香りですが、これまでのランコム製品とは少し異なる、

発酵エキスらしいともいうべき、

少し甘酒のような香りを感じるハーバルフローラル調。


使い始めてまだ2週間、半分ほどの使用ですが

夏の紫外線を浴びたせいか少し目立った頬の赤みや、乾燥からくるお肌のつっぱり感

小鼻・顎周りのザラつきが気にならなくなってきたので効果が出始めているのかな?と感じています。


ちなみに、わたしはもとから使用していたジェニフィックと併用中。

(現在はジェニフィック アドバンストが発売になっています。)

Image title

MAQUIA10月号にもジェニフィック アドバンスト2製品の特集ページがありましたが、

これら2本のW使いでさらに効果を発揮するそうです!


ジェニフィック アドバンストは洗顔後のお肌を落ち着かせ、

その後のスキンケアの浸透を良くしてくれる絶対的な頼れる存在。


新製品のジェニフィック アドバンスト デュアル コンセントレートは

1日1回、夜の使用が特におすすめとのことなので夜のみ2本使い

夜のスキンケア時、

その日一日の肌ストレスのリセット、リカバリーを願って使用しています。



発酵生セラムなので使用期限は2ヶ月とのこと。

少しお高いので大切に使いたい気持ちになりますが、

思い切って集中ケアとしてフレッシュな状態のうちに使い切りましょう!


・お肌が疲れている、ゆらいでいる

という時だけでなく、

・1ヶ月後に大切な予定がある!

というようなときにも

その特別な1日に向けてこちらで集中ケアをして、

最高のお肌を自分で創っていく

…そんな使い方もいいかもしれません。


身体もお肌も疲れを溜めないことが大切。

健康な若々しいお肌を目指せる、

コンセプトも素敵なランコムの新感覚美容液のご紹介でした。

Image title


RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN