人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

【進化のポイントと1ヶ月使い続けてみた結果】新・美白美容液HAKU「メラノフォーカスV」

スキンケア

100年を超える肌研究と先端のシミ研究から生まれた名品!資生堂HAKU美白美容液がこの春進化を遂げてリニュアール!

歴代のHAKU美容液を愛用している私。新・美容液の進化のポイントと約1ヶ月使い続けてみた結果(肌変化など)をレポ♪


Image title

HAKU / メラノフォーカスV

45g・10,000円 (+税)( レフィル有り 45g・9,700円(+税))


第4回MAQUIA 美白・UVグランプリ2018 美白美容液部門 1位 受賞!

メラニンの生成を抑えてシミ・そばかすを防ぎ、明るく澄んだ、透けるような肌に導く美白美容液


資生堂独自の2種の美白有効成分を組み合わせた「抗メラノ機能体」を配合。

シミが生成される連鎖を狙い撃ち!

4MSK → メラニン色素の過剰生成を抑制。

m-トラネキサム酸 → メラノサイトの活性化を抑制。

浸透性の高い4MSKが、じっくり浸透するm-トラネキサム酸をまきこんで肌の奥に深く届きます。


Image title


パケ(容器)も新しくなりました。(↓右:「メラノフォーカス3D」左:「メラノフォーカスV」)

ただ「メラノフォーカスV」のレフィルを 「メラノフォーカス3D」の容器に入れて使うことができるそうです!(「メラノフォーカス3D」の容器は引き続き使えるそう!)
Image title


そして、進化のポイント!


シミ生成ルートが新たに発見され、それを断ち切るためにトルメンチラおよびイチヤクソウのエキス※、グリセリンを組み合わせた「Vカット複合体」(整肌・保護成分)を新配合。※植物由来の成分。

シミ部位の毛細血管の異常に働きかける業界初の成分だそう!



実際の使ってみて・・・

まず真っ先に気づいた違いは、テクスチャー

「メラノフォーカス3D」に比べて、もったり、若干固めに。(けれどのびが悪くなったわけでは決してなく。)肌になめらかにのび広がり、よりしっとりした使い心地に。保湿感アップ!

Image title

↑ 1回使用量2プッシュ分。


しっとり肌に密着。

Image title

スーッと浸透。肌の中でジワーッと美白有効成分が働いてくれている感じ。

Image title

キメふっくら。春夏はこの後乳液orクリームを塗り忘れるくらいのしっとり保湿感に。なのにベタつきなし!他に使うスキンケアの邪魔をしません。

Image title


以前のもの(「メラノフォーカス3D」)は、もっと軽い使用感で、乾燥肌質の私にとっては正直、春夏にはちょうど良いけれど、秋冬になるともう少し保湿感があると良いな…と感じていて。

なので今回のリニューアルで、私にとってはより使い心地が良くなりました!


もちろんべたつかず、コッテリ重すぎることは全くないので、乾燥肌以外の混合肌、脂性肌の方も心地よく使える、絶妙な保湿感になっていると思います。



そしてリニュアールしたこちらを使い始めて1ヶ月ほどが経過。

肌変化は・・・


すでにできてしまっているシミに対しては、

これといった変化は感じられず…

(濃いシミがなんとなく薄くなっている気が しないでもないけど…)

けれど、

顔の肌全体を見ると、明るく、透明感が出た気が!

そして、すこぶる肌の調子が良い!

乾燥感なく、触れるとつるんと、なめらかな肌に。


美白美容液に配合されている成分 → 肌の生まれ変わりをサポートする効果があり、

まずは肌のターンオーバーが整えられ、肌調子が上がる効果を実感。

現段階では劇的にシミが…といった効果は得られなかったものの、

使い続けていれば新たにシミができたり、今あるシミが濃くなったりするのが少しでも避けられるのでは、と期待感が持てました。

最先端の技術を駆使して作られた美容液なので、化粧品でできる美白の最終手段だと思っています。



美白美容液の効果実感にはやはり続けることが必要。

少々値がはるけれど、今度もリピしたいと思えた美容液。






★インスタやってます!★

Please follow me♪@aconeko https://www.instagram.com/aconeko/



RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN