これで解決![UV対策]服が大好きな人必見!簡単に紫外線対策する方法。

ボディ
いいね! 0件

お洋服が大好きなワタクシ。

インスタグラムでもちょいちょいコーディネートを投稿していますが、何気に困っていることがあります。


それは、

日焼け止めをどう塗ったらいいか分からない!!!


と言いますのは、

お洋服の素材やデザインによっては、日焼け止めクリームを塗るのが難しい場合が多々あります。白い服なら尚更!


[日焼け止めを塗るのが難しい服パターン]

パターン1:レース服

白服は、汚れや黄ばみが目立つので、なるべくコスメがつかないように取り扱いたいところ。日焼け止めが白服につくと、黄ばみやシミの原因になってしまいます。加えて、白服は遮光率が低いので、紫外線は白服の上からでも皮膚へ到達しています。涙

Image title


パターン2:もろレース服

カーテンのレースでお洋服を作りました!と言っても通じそうなくらい、もろレース!遮光性は悲しいくらい無いですよね(T_T)太陽に「どうぞ私に紫外線をください」と言っているかのような無防備なレース服。

Image title


パターン3:部分的に肌が露出している

特に夏は、爽やかな白色が着たくなります。部分的に肩が出ていたり、後ろのネック部分を見せたプルオーバー等、うっかり日焼けをしがちなお洋服。

Image title


パターン4:シースルーの服

シースルーも遮光率は高くありません。色は暗めでも、紫外線を完全に遮る迄には至らず。これも、うっかり日焼けの原因になることも。

Image title


パターン4:あみタイツやベージュのパンスト

あみタイツ好きのワタクシ。どうやって日焼け止めを塗れば良いのか分からず、あみタイツやパンストの時は、日焼け止めを使用しません。UVカットタイプの無地のパンストも売っていたりもしますが、模様や色の種類が少ないのですよね。涙

Image title


おしゃれ服は楽しみたいけど、紫外線対策をどうしたら良いのか。。。

日焼け止めは諦めるしかない??



いやいや、

とっておきの紫外線対策方法がありますよ♥

これならどんな服を着ても問題ありません!


〜次のページへ〜

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN