【永久保存版レシピ】味噌は絶対手作りをおすすめしたい5つの理由

ライフ
いいね! 7件

こんにちは!♡Shioriです。


あぁ… しみる~♡

Image title


味噌汁をほぼ毎日飲む我が家。

味噌味を好む夫のおかげでお味噌の消費量も結構な量なんです。


ということで毎年手作りをするようになりました。

Image title


一度作ってみると本当にびっくり!

味噌は絶対手作りをおすすめしたい5つの理由


1.意外と簡単!

材料は

・大豆
・麹
・塩


の3つだけ。


工程も

・大豆を茹でる

・材料を合わせる

・8~10ヶ月ほっておく

以上!


マンションでも作れます。


2.ただただ美味しい

市販の味噌は何だったんだろうというくらい美味しいです。

柔らかい味。

自分や家族好みの味にできるのも嬉しいです。

毎年少しずつ学びながら、翌年のレシピに活かしていきます。


3.家族や友人との絆が深まる

家族や友達と一緒に作ると一大イベントになり、

その割に大変じゃないので、

ホームパーティをしながら楽しむことが可能♪

Image title


4.健康食品であり、美肌効果やアンチエイジング効果まで

言う間でもなく、完全無添加。

そしてお味噌に入っている成分

タンパク質、イソフラボン、ビタミンE、サポニン…

要するに何に効くかというと、

・がん、高血圧、脳卒中、糖尿病、脂肪肝などの予防効果

・コレステロール抑制

別名セレブ病と言われる乳がんは、洋食を好む方に多いそうですよ…


また美容としても

・美白作用

・抗酸化作用

・アンチエイジング

・ダイエット

に作用があると言われています。


5.1年分が一気にでき、安価

1ヶ月分つくるのも10ヵ月分つくるのもさほど労力は変わりません。

かかるのは発酵時間だけ。

なので、家計にも優しいのです。



◆お味噌の材料(出来高約10kg)

※作る量の計算方法はページ下部に書いてあります

・大豆 2300g
・麹 3500g
・塩 1400g

自分の作りたい量で割っていただければ問題ありません。




【大豆】

ひよこ豆や黒大豆、青大豆でも作ることが出来ます。

まずは普通の黄/白大豆からがオススメ!

こだわる方は有機大豆や国産大豆で。

【麹】

麹が多いほど甘いお味噌になります。(大豆と同じ量~1.2倍くらい)

麹には主には米麹と麦麹があり、自分の好みの割合で混ぜます。

合わせ味噌とよく聞きますが、麹の種類を合わせることなのです。

麦麹・・・香りが豊かであっさり、繊維質

米麹・・・値段は麦より高め。甘め

玄米麹・・・濃い、苦めの味

豆麹・・・乳酸系の香りで、味が濃い

【塩】

ミネラルやカリウムがしっかり入っている天然塩がオススメです。

ミネラルやカリウムは体に取り入れた塩分をしっかり排出してくれるので、

塩を沢山使用する味噌でも体に蓄積しないということみたいですよ♪

また、粒が大きい塩を使った場合熟成が早くなります。

減塩しようとすると味噌は発酵しませんので、いいお塩を使うことが美容にも体にもいい味噌ということになります。



◆準備する道具
・大きめの容器
・大きい鍋&圧力鍋
・ミキサーorフードプロセッサー
・(味噌熟成用)プラスチック容器or木桶or陶器の瓶
・ラップ


◆前日準備

・大豆を洗い、水を吸わせる(約18時間)

Image title


・煮る
普通の鍋だと3~4時間、圧力鍋ですと15分くらい茹でます。
親指と小指で簡単につぶれるくらいまで茹でます
朝、洗って水につけて、夜煮るとちょうどいいですね♪

Image title

これくらい膨らみます。

Image title

・温かいうちに大豆をつぶす

豆を取り出し、ミキサーもしくはフードプロセッサーでつぶします
(お持ちでない方は、袋に入れて足で踏む…綿棒で潰す…)

Image title

フープロやミキサーが回らない場合は煮汁を少し足します。

(残りの煮汁も使えるので捨てないで!)

足し過ぎるとカビの元になるので注意!

Image title


・塩と麹を混ぜ合わせる
この作業を「塩きり麹」といいます。
全体の色合いが均一になるくらい、しっかり混ぜ合わせる。


◆当日作業◆

・前日に煮て潰した大豆と、塩きり麹をしっかり混ぜてボール状にする
※器をお酒(料理酒や余っている焼酎、日本酒)で拭く
アルコール消毒することでカビにくくなります

Image title

・そのボール状にしたものを投げるように熟成させる器に入れ、できるだけ空気が入らない様ぎゅうぎゅうにつめる

Image title

端は少し器から離すことで、カビにくくなります。


・上まできっちり入れたら、ラップをし、重し兼カビ防止に塩でふたをする

Image title

終わり!


意外と工程は簡単なのです♪

あとは直射日光が当たらない、常温(出来れば風通しが良い場所)で放置。

Image title

そんな場所ない!という方。

マンション住まいの我が家は靴箱に入れたり、本棚に入れたりしていますが問題ありません。


・1~3ヶ月後に天地返しという、中身をひっくり返して詰め直す

上下の発酵具合を均一にするためなので、少量の場合は必要ないかと思います。

白カビはうまみなので問題ないですが、青カビや黒カビが発生したら取らないと味噌がダメになってしまうので

発酵中2~3ヶ月に1回は中身を見ることをオススメします♪

↓仕込んだお味噌は約8~10ヶ月ほど熟成…

↓2月に作ると、夏を超えるとぐんと発酵します

Image title



◆どれくらい仕込めばいいかわからない方へ…

お味噌一杯は約160g(Shiori家アベレージ)

そのお味噌汁にお味噌は16g使用(大匙ちょい多め)

皆さまがどれくらい頂くのかで計算します。

我が家は
1日1杯×夫婦2名×週5おうちご飯×4週×12ヶ月
480杯

480×16g=7680g
7.7キロです。

今回はご近所さんや親戚分も作ったため10kg作りました。


◆お味噌づくりをする時期

冬につくると、春夏で温かくなり発酵が進みますので、

1.2月がベストです!


途中で出たゆで汁で野菜スープを作ると大豆の栄養素もたっぷりで美味しいですよ!

Image title

是非皆さまも自家製味噌、作ってみてください♪

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN