人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

驚いて下さい!コスメです。建築家がデザインしたスキンケア「 fearless 」

スキンケア

「 fearless 」の発表会を取材させて頂きました。

建築化デザインのオブジェのようなコスメティクスの誕生です。

既存品の3種類の美容液に加え、今回1/25に3タイプのクリームが新発売になりました。

草野社長は「アートとスキンケアを結びつけたい。」というご意志でコスメティクスを開発なされたとのこと。

ブランド名でもある「 fealess 」の意味のごとく「怖い物知らず・大胆・ボーダレス」の思いがこめられています。

草野副社長からはこれまで不動産、デザインビルを手がけられているデザイン性の高い製品を作られてきた会社の経緯を伺いました。

次に今回のホルダーと容器のデザインを手がけられた建築デザイナーである天野善啓氏のデザインから製造までの道のりを伺いました。普通こういった容器系の開発では、既製品・既存品・基本形状がある所からのスタートとなることがほとんどですが

今回は「アートコスメカンパニー」としてまっさらな状態からのスタート、曲面の美しさをテーマとして「流麗」(よどみなく流れる美しい様)を具現化したそうです。

そして未来を感じさせるデザイン、「和」メインなデザインではなく世界に送り出したかったそうです。

行程は全て手作業、曲面が多いこのホルダーは日本の職人さん達の技がなさる物ですね。

加えて「10人のうち8人が好きという無難なデザインではなく、10人のうち一人にでも心から愛されるデザインを」ということを作成にあたり意識なさっておられたと伺いました。

このホルダー容器には正面を設定せず、360度どこから見ても美しく見えるように設計されているとのこと。


Lucrezia Cream ルクレツィア クリーム

密着するスムースネットで透明感キープ。ふれた瞬間うるおいとキメをケアし、ハリや透明感を高め保ちます。うるおいとハリを保ち、乾燥によるくすみをケアして、澄みわたる肌へと導く美容クリーム。

フェミニンで透明感のあるホワイトフローラルの香り。


置いた空間がモダンアートがあるリビングやドレッシングルームになりますね。

会場で見た驚きを今shinoは記事化しながら改めて味わっております。

Image title

このモダンアートオブジェのどこにクリームが収納されているでしょう?!

Ludwig Cream ルードヴィヒ クリームの容器でご説明しましょう。

Image title

この角(つの)のような部分がクリームの蓋部になっております。そして角(つの)の部分がスパテュラとしても活躍します、何て斬新。

Image title

Image title

Ludwig Serum  ルードヴィヒ セラム

クラッシュ製法によるオイルカプセルで深層バリアケア。小さなカプセル状の美容オイルがみずみずしく広がり、角層にやさしく浸透。バリアをサポートしてエイジング要因となる環境刺激をケア。しなやかな肌へと導きます。
ゆらぎを整え、ハリ弾力のあるしなやかな肌へと導くミルクローションタイプのオールラウンド美容液。


さあ、美容液を取り出して見ましょう!これだけを見ていると、バカラクリスタルのお店を見ているかのようですよね。

Image title

フタをあけてこのボトルを取り出します。

Image title

収納時。

これを使う日常はスキンケアが義務感のあるものではなく美しいお気に入りの品を愛でる時間になるに違いないわ!と確信。

出し入れする所作まで美しくなりそう!こんなに美しいコスメを置くのならばそれにふさわしいお片付けもするでしょうから

空間も肌も綺麗にしてくれますよね。

Image title

納められた時の色の入り方のバランスも考えられているんですね。

美しくて 一目見ただけではコスメとは思う人はいないでしょう。

この美容液はつけた時、パシャーーッと水分がはじけるようなみずみずしい美容液。3種類の美容液でもエイジングケアタイプ。

オリエンタルフローラルの香りです。

Image title

デザイン外観について詳しくレポートしましたが スキンケア処方も外観にともなった「価格的根拠に基づいた処方、デザインに匹敵する中身へのこだわり」を持って開発。本来は混ざりにくい水溶性と油溶性の成分が乳化の高技術を持って美容液とクリームに贅沢配合されています。

会場で美容液とクリームの重ね塗りをしたのですが(3種類!)つけたあとの肌がべたつかなくて驚きました。濃密であるけれど使い心地はべたっとせず快適。

優美なデザインを眺め、脳からも良い刺激が行き渡り、内外からの満足感を得てこの極上成分のクリームをつけて使い着るころには肌は見違えるようになっているでしょうね。

コンランショップやグッドデザイン大賞の製品が並ぶようなショップに並ぶのかなと会場で眺めておりました。


https://fearlessjapan.com

#fearless

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN