簡単に美眉ができる!MAQUIA1月号付録 ”千吉良 眉 マスターブラシセット”をお試し☆

メイクアップ
いいね! 2件

こんにちは!pippiです♡


MAQUIA1月号も発売日に即付録買いしました!笑

「千吉良 眉 マスターブラシセット」ということで、2本のアイブロウブラシが付いてきます!

そして「パーフェクト美眉 完全マスターBOOK」を読めば、簡単にふんわりレディなネオ太眉をマスターできるとのこと♡

Image title

普段私が使用しているアイブロウブラシは小さ目のななめカットタイプ。

しかし付録のブラシの1本目はなんと歯ブラシ型

そして2本目はスクリューブラシと大き目のななめカットブラシがセットになっています。

Image title


普段から愛用しているkATEのアイブロウアイテムたちで、早速ふんわりレディなネオ太眉に挑戦!


Image title

右上:デザイニングアイブロウN EX-5

左上:アイブロウカラーN BR-1 

下:アイブロウペンシルN BR-4

※パウダーとマスカラはリニューアル前のものです。


こちらが私のすっぴん眉。

Image title

もともとしっかり毛が生えている方なので、ふんわりした雰囲気が出せないのが悩み。


ここからはプロセスをご説明していきます!

スライドしてみてください♪

①スクリューブラシで毛を整えた後、髪色より濃い目のパウダーで眉下のラインを描く


★毛流れが変わる位置から目尻上までまっすぐに!

Image title

パウダー1番上の濃い色を使用しました。

②髪色と同じくらいのパウダーを広範囲(①の上部分)にふわっとのせる


★上1mm(紫色で囲った部分)には色をのせない!

Image title

真ん中の色を使用しました。

③ ②の残りのパウダーで眉頭を描いたら淡い色でノーズシャドウを入れ、細いブラシで眉尻を描く


★眉頭上(紫色で囲った部分)、眉尻先端は描かずに残しておく!

Image title

ノーズシャドウには一番下の淡い色を使用しました。

⑤毛が足りない部分、眉尻を描く


★眉山は目尻上になるようにし、そこから眉尻までゆるいカーブを描くように!


パーフェクト美眉完全マスターBOOKではアイブロウリキッドを使用していましたが、私は持っていないのでペンシルで代用しました!

⑤毛の多い部分(赤斜線部分)から眉マスカラをのせ、半乾き状態になったらスクリューブラシで馴染ませる


★眉マスカラは必ずティッシュオフすること!

★眉頭と眉尻(赤点線部分)は余った液で仕上げる!



完成形はこんな感じになりました!

Image title

元の毛を活かしながら、自然な仕上がりになりました!

もう少し色をのせても良かったかな~と思います。笑


歯ブラシ型のブラシは初めて使いましたが、広範囲にしっかり色をのせることができて便利☆

パーフェクト美眉完全マスターBOOKを読み込んで、もっと上手く眉を描けるように練習したいと思います!



メイクに合わせて眉も変える時代!

みなさんもMAQUIA1月号「千吉良 眉 マスターブラシセット」で、なりたい雰囲気に合わせた眉メイクをマスターしてくださいね♡



★instagram: @pcpcpin ←follow me♡



RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN