人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

砂糖からこだわった、今年の梅しごと

フード

ちょっと前のことですが、今年もやりました、梅しごと。

梅はいろんな産地がありますが、peco的マイルールは南高梅。
今回は青山のファーマーズマーケットで農家直送のものをお安く手に入れることができました。

が!!買ったままで漬けるのを一日サボるとみるみる熟してきてこんな色に…。
ま、ご愛嬌。Image title


梅酒には、いろんなウレシイ作用もあるのです。

疲労回復
ご存知の通り、梅酒にはクエン酸がたっぷり。
クエン酸には、疲労物質である乳酸を分解する作用があり、疲労回復に効果があると言われています。
クエン酸は梅干しやレモンにも含まれていますが、梅酒に含まれるクエン酸の量は、梅干しの6倍、レモンの15倍とのこと。

ダイエット効果
クエン酸は乳酸を分解するだけでなく、エネルギー代謝を行う上で必要な働きをします。
クエン酸を摂取することで、エネルギーが効率良く消費されるようになる、つまり、脂肪燃焼量が増え、ダイエットしやすい体に!
乳酸が溜まると痩せにくくなってしまうので、クエン酸たっぷりの梅酒は、ダイエットの強い味方になるかも?!

血液の流れをよくする
梅酒に含まれるクエン酸が糖分と結合すると「ムメフラール」という血流をよくする物質が発生します。
脂肪が肝臓に溜まるのを防いでくれ、血栓の形成を予防します。
血流がよくなると体内の老廃物が出て行きやすくなり、高血圧や心臓病のリスクを下げてくれます。

食欲増進
梅酒の酸味には唾液や胃液の分泌を促す作用があり、食欲増進効果が期待できます。
特に夏の暑い時期などは、食前酒として梅酒を飲んでみてもいいかも!

アロマテラピー効果
梅に含まれる芳香成分には、リラックス効果が期待できるんだとか。
普段から寝つきが悪いなどで悩んでいる人は、就寝前にお湯割りの梅酒を飲んでみてはいかがでしょうか。


他にもまだまだありますが、このへんで。
梅酒なら、飲む言い訳になりますよね?w
ただし、ほどほどに…

そして、今回イチバンこだわった、お砂糖選び。
では、次のページでご紹介します。→→→

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN