免疫力も低下させてしまう「紫外線」日焼け止めの塗り方を小松和子さんから教わりました♡

スキンケア
いいね! 9件

沖縄素材を生かした日本人のための国産オーガニックコスメ

琉白(ルハク)さんにご招待いただき、

数多くのオーガニックコスメをプロデュースされている

小松和子さんによる『紫外線対策セミナー』に参加させていただきました

Image title

すぐに役立つ内容ばかりだったので、ご紹介します♡

Image title

Image title


日焼け止めの塗り方

手で塗ること

①顔全体に塗る

目の周りと側面に置くように重ねて塗る

皮脂にSPF効果があるので、逆に皮脂が少ない部分に重ね塗りすることが大切なんですね

Image title


皮膚が固いところが、焼けやすくシミになるってトリロジーのセミナーでも言ってました!


紫外線、なぜ防ぐ必要があるの?

UVAは皮膚の細胞を遺伝子レベルで傷つける他、皮膚の免疫力も低下させてしま
う!

UVBはエネルギーが強く、表皮細胞の遺伝子に傷をつけるのでシミや皮膚ガンの原
になるほか、免疫力の低下、白内障などの病気と深くかかわっていることも分かっ
ています。


衣服の色や素材でもUVカット力が変わる!

UVカット率が高い素材は、ポリエステル

色の遮断率、黒 96%、赤・青 87%、黄色 76%、白 67%。

◆日傘を選ぶ際も、色は黒に近いもの、素材はポリエステルが1番ベストということ
になりますね。

※サングラスにおいては、レンズが黒すぎるものは瞳孔が開きやすくなり、紫外線が
さらに入りやすくなる
そうです。逆効果になったら悲しいので、やや薄めのカラーで
UVカットレンズか必ず確認するように。



選んではダメ!買う前に、チェックして!  2ページ目へ続く→

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN