人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

自然の恵みをそのまま♡せっかく食べるなら酵素がたっぷり『生』はちみつを♡

インナーケア


『生』はちみつ  “おめざ” に ワンスプーン  または、

トマトやモッツァレラチーズと和えたりキウイフルーツやリンゴにかけたりして食べています☆

上品な甘みで美味しい   

Image title


『生』なので酵素がたっぷり♡    腸内環境を整える  「グルコン酸」も豊富です☆

ビタミン・ミネラルが壊れず、生きたまま。


ミツバチのペースに合わせ採蜜しているため、品切れになっていることもしばしばですが。。



今回購入した兵庫県播磨産 生はちみつ「八」さんは、インスタグラムを

フォローしてくださっているので、採蜜の方法と気になる農薬について聞いてみました♡


採蜜の方法について→ミツバチ達がはちみつを完熟させる

(ミツバチ達が蜜に含まれる水分を蒸発させ、糖度を上げ、ミツロウで蓋をし、

香り高く甘いはちみつへと熟成させていく)まで待ち、

十分な糖度になったものを分離気を使って、巣からはちみつを分離させます。

分離したはちみつは、巣のかけらなどを濾し網でこし、瓶詰めしていきます。



農薬について→ミツバチ達の行動範囲が約半径4kmになります。

巣箱を置いている場所は、工場などもなく水や空気も綺麗で無農薬栽培の畑も多くあります。

ただ、ミツバチ達の行動範囲内に農薬を使っている畑が全くありません‼︎とは言えません。

出来る限り、自然が多く農薬などの心配の少ない場所を選んでいます。




『生』はちみつ を食べると お腹の調子もいい気がしているので、

自然の恵みをそのまま、非加熱処理を選んでいます



※自然界の土壌の中にはボツリヌス菌という菌が存在し、これは野菜などにも存在する菌で、

腸が形成される8カ月頃過ぎましたら免疫ができてくるとのこと。

なので、絶対に1歳未満の乳児には与えてはだめです。

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN