【オススメ】シミ取りレーザーを当てたその後の気になる経過!

スキンケア
いいね! 4件

こんにちは。


先日、気になるシミにレーザーを当ててきました。

Image title


分かりやすいのでこの大きなシミで

感想とその後をレポートしますね。

病院によって当て方は違うと思いますが

経過は似た感じかと思います。


詐術時間は3分程度(範囲による)で終了してしまう簡単な治療。


私が行った美容皮膚科で使用していたのは

Qスイッチルビーレーザーを用いて治療されています。

私は友人からオススメされて

ここを選びましたがこの機械を使用している皮膚科が多いそうです。



治療の流れは

まず麻酔クリームを希望箇所に塗ります。

痛みは、「輪ゴムではじかれた程度」。

(当てている最中より終わった直後30分間ぐらいが一番ヒリヒリしました)

レーザー照射時間は、

直径1cm程度のシミで10秒程度だそうです。


終わったら薬を塗ってもらい

保護テープをはります。

術後14日間程度、キズをテープでカバーする必要があるそうです。

Image title


わたしが行った病院では

肌色のテープと透明なテープを選ぶことができました。

どちらがいいか分からなかったので

両方もらいましたが、

結果肌色のテープは一度しかつかわず透明テープが大活躍でした。


当てたては通常テープで隠して、

その後は透明テープの方が目立ちにくく

コンシーラーで隠すことができるのでオススメです。



テープを14日間貼付する理由は
できるだけ優しい環境においてあげる必要があるため。

早期にテープを外して乾かしてしまうと炎症後色素沈着で跡がのこった!なんてことになるとか。
処方される軟膏をきちんと塗って

保湿してあげることが大切。


料金は5mmまでのシミで3240円でした。

また、ADMと診断されたシミは保険適応で施術できます。

わたしにもあったので保険診療でお願いしました。


経過については次のページ。


RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN