ASTALIFTも10周年!9月に新しく登場は「幹細胞」の働きに着目した「セルアクティブ セラム」!

スキンケア
いいね! 2件

アスタリフトは今年の9月でなんと10周年!!

元々は母が使っていて、私も一緒に使い始めたアスタリフト。

先日、アスタリフトを愛用してきたリピーター組と、まだ使ったことがない…と言うビギナー組が集まってマキア×アスタリフトの座談会があったので参加してきました。

Image title

ジェリー アクアリスタやパーフェクト UVクリアソリューションなど、好きなアイテムが沢山あるアスタリフトですが、9月1日に発売される新アイテムもとっても期待大!!!

Image title

高い保湿力で、次の日の朝まで肌を守って栄養を補給してくれる
左)アスタリフト ナイトチャージ クリーム

質の良い細胞を作り出す手助けをしてくれる
右)アスタリフト インーフォーカス セルアクティブ セラム

1つづつアイテムをご紹介しますね^^

Image titleアスタリフト インーフォーカス セルアクティブ セラム 30g ¥12000(税抜)

なんと、アスタリフト インーフォーカス セルアクティブ セラムは、肌の若々しい印象に関わる「幹細胞」のメカニズムに着目して開発されたアイテム。

幹細胞コスメは色々ありますが、量を増やせば良いというものではありません。”質”がとても重要となってきます。アスタリフト インーフォーカス セルアクティブ セラムでは、2つの独自成分が幹細胞にアプローチをしてくれます。

1,ナノセルアクティブ

細胞の動きを活性化させるのに重要な細胞増殖因子「IGF-1」を促進する効果がある「ボスウェリン酸」をアフタリフト独自のテクノロジーでナノ化させた「ナノボスウェリン酸」と、リンゴ果実培養細胞エキスからなる独自複合成分(うるおい成分)「ナノセルアクティブ」を配合。

2,アスタキサンチン + ニコチン酸トコフェロール

幹細胞は時間の経過によって変化していきます。紫外線などによる酸化ストレスや、細胞が増殖する時のストレスが質の低下につながる恐れが。この2種のストレスに対抗する成分として採用されたのが「アスタキサンチン」と「ニコチン酸トコフェロール」。高い抗酸化作用をもつアスタキサンチンで紫外線や外的刺激による酸化ストレスから幹細胞を守って、ニコチン酸トコフェロールが細胞複製ストレスを抑制。質の良い幹細胞を長く維持させてくれるとのこと。

Image title

いくらのようなジェル状で出てくるセラムですが、肌のイオンに反応してジェルが液化してきます!

オイルをナノ化させているので、すーっと肌に馴染んでべたつき感などは無し。

オイル美容液を使ってみたいけど、重かったりべとつくのが苦手って方にもオススメです。


→次のページは、睡眠ホルモン「メラトニン」に着目したナイトクリーム!

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN