人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

◆今年こそ浴衣美人に!メイクレッスンを受講しました♡◆

メイクアップ

実は私、自称晴れ女です、Misatoです。

こんにちは♪


ここぞと言う時はだいたい晴れてくれたり、ほぼ一日雨だけど、外出しなきゃいけない時間帯だけ止んでくれたり・・。

なかなかの晴れ女率なのであります。

が!

最近、娘の習い事の送り迎えで結構降られるんですよねー。

家族に雨女が居ることにうっすら気付いたこの頃。(笑)


て、

既に何回かブログアップしているatelier Rノリコ先生のメイクレッスン♡

先日も受講して参りました。

テーマは『浴衣メイクレッスン』

これは!!と、申し込み初日に申し込み、楽しみにしておりました。

洋服と違う浴衣、今まで自己流に多少メイクは変えたりしていましたが、”実際どうなの?”と思っていまして。

ありそうでなかなか無い、でも実は知りたい・・、って感じじゃないですか?!

今回はそんな浴衣メイクのポイントをシェアしたいと思います。


浴衣メイクレッスンということで、ノリコ先生は浴衣で登場~。

実は私も密かに浴衣で参加を企んでおりましたが・・、当日は何と大雨・・。


えっ、晴れ女だったよね?!

・・・


ちなみに、レッスンが終わった頃に止みました。(笑)


気を取り直して。
Image title

先生、綺麗~~。

始まる前からワクワクしちゃいました。


そうそう、今回もレッスンはエミールというカルチャースペースにて。

旧校舎をリノベーションしたそうですが、お洒落な外観。

この雰囲気も好き♡

Image title

まず、メイクに取り掛かる前に押さえるべきポイントは、”浴衣=お風呂上りに着る物”であるということ。

それにマッチするメイクとは、

・湯上り感

・生感

・透明感

・質感重視

・ヘアとのバランス

を考慮したメイク。


湯上り感とは、血色感やツヤのあるお肌のこと。

温泉に入ってきたかのような感じ。

生感を出したいので粉っぽさや、ラメは不要

夏なのでカラーは色を出そうとするのではなく、質感(シアー)だったり抜けるような色の出方(透明感)を重視

そして、これは普段のメイクにも言えると思いますが、ヘアとのバランス

お出掛け仕様の浴衣&ヘアスタイルなら洋っぽさを取り入れたメイクもOKだそうですが、徳島の夏と言えば『阿波踊り』

レッスンにいらした方の中には実際に阿波踊りに参加される方もいらして、いわゆる”舞台仕様”と言いますか、きっちりタイトに纏めたヘアスタイルであればやはり”和”テイストを入れた方が良いので、最終的には”自分がどんなシチュエーションで和装になるか”を考えてメイクすると良いと思います。


講義後にデモンストレーションを見て、早速実践!

メイクレシピは次ページにて》》》

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN