【保湿ケア】なぜ今『Avene(アベンヌ)』なのか?乾燥・保湿ケアの根本とは?~セミナーレポ~

スキンケア


4月14日に、

MAQUIA2017ビューティブロガーオフ会 が開催。

そこで受けた美容セミナーが、

Avene(アベンヌ)

アベンヌ

ドラッグストアでもよく見かけますよね。

見たことはあるけど使ったことはない人、

何となく使っている人、多いのでは??

実は私も素通りしてました( -᷄ω-᷅ )

ハイクオリティーなスキンケア商品がある昨今、

今更な感じがしてたんですねー( -᷄ω-᷅ ) (失礼!!)



《アベンヌ ウオーター とは、

フランス Avene村の温泉水から出来ている》

アベンヌ

フランスでは温泉療法って、

きちんとした医療として確立されているんですって。


日本でも昔から「湯治」があったり、

今でも温泉療養ってありますけれど、

メジャーな治療では無いですよね。


フランスの治療で使われている温泉は、

その種類や場所によって

アプローチするところが違うようですが、

フランスAvene村の温泉水は

肌に良い効果のある温泉水として

広まったそうです。


その温泉水を使っているスキンケアブランドが

Avene(アベンヌ)で、

アベンヌ温泉水100%ボトリングされているのが

アベンヌ ウオーターなのです。

アベンヌウォーター



《肌の乾燥は1年中》

イメージとして、乾燥は冬!って感じですよね。

もちろん空気は冬はカサカサ、

夏はジメジメですが、

肌は1年中乾燥しやすい環境にさらされています。

夏もエアコンの風や紫外線、汗だって水分ですから、

それが出れば内部は乾燥します。

保湿ケアは1年中であって、それは顔だけでなく、

からだも含む肌全体に言えること。



《予防的観点》

からだの健康のため、

運動したり、食事に気を使ったり、

手洗いうがいをしたり、健康診断受けたり…

やってますよね?


でも肌は?


「乾燥肌だから保湿ケアをする」

「敏感肌だから低刺激なケアをする」


普段のスキンケアは、

今ある状態に対して対処療法的ですが、

その前に、健康な肌になるには…?


自分の肌自身が、保水することができて、

乾燥に負けない肌でいることができれば

『乾燥肌』『敏感肌』に悩む必要はなくなる。

アベンヌは、

健やかな肌でいるための保湿ケア なのです。



《高機能スキンコスメをムダにしないためにも》

からだが弱っている時に、

にんにくたっぷりスタミナ料理や、

激辛料理はキツい。


肌も弱っている時は、

いくら高機能スキンケアをしても受け付けない。


せっかくいいものを使うなら、

それなりの肌ポテンシャルでいないと意味がない。


そのためにはやっぱり

健やかな肌でいるための保湿ケア

重要なんですね。



《実際の使用感は?》

アベンヌ ウオーター

アベンヌ温泉水100%のスプレータイプ化粧水。

アベンヌウォーター


近くで噴霧すると、結構濡れます( 笑 )

少し体から離し、斜め45°上向きでシューっと。

ミストを浴びるような感じで。

300gビッグボトルサイズもあるので、

お風呂上がりの全身ケアにちょうどいいです。

いわゆる「水分がぐんぐん入っていく感じ!」

とかはないんですけど、

いい意味で、

何の違和感もなく使える感じで心地よい(*´꒳`*)

「あぁミスティだなぁ~」みたいな🍀


アベンヌ  ミルキージェル

アベンヌ温泉水を使ったオールインワンジェル。

アベンヌミルキージェル

美容液のような見た目のジェルで、

のばしていく感じは軽めな印象でしたが、

だんだんとしっとりとしたテクスチャーに!

水分が先に浸透し、後に油分が残って

蓋をしているんですねー😌



セミナーを受けてみて…

『乾燥肌』や『敏感肌』と感じても、

「それが私の肌体質」と思っていた。

でも、肌質が改善できれば…。


より良い肌になるためにも、

まずは健やかな肌環境を整えることが大切で、

それをサポートしてくれるのが

アベンヌなんですね✨

ウオータースプレーやオールインワンジェルなら

めんどうなステップも無いし、取り入れやすい👍

今、改めてアベンヌの良さを知ったセミナーでした♡


Avene HP
http://www.avene.co.jp/index.html

アベンヌミルキージェル



💄麻耶子💋

Twitter

@Mayako810704
https://twitter.com/@mayako810704


Instagram

mayako0074
http://instagram.com/mayako0074


RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN