人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

大人気☆海外コスメ・HUDA BEAUTYの赤パレットを正直にレビューしてみました!!

メイクアップ

こんにちは、チーム☆マキアのまりりんです!(^^)!


2019年が始まって、早くも2週間が過ぎましたね!

1月8日で32歳になり、本厄に突入した私・・・


厄年は、精神的・肉体的に体調の変化があらわれやすい時期だそうなので、

健康に過ごすことを第一に考えていきたいです!


さて、今回は年始のメイク用に調達していた、

”HUDA BEAUTY”のRuby Obsessionsについてレビューしていきたいと思います♡


HUDA BEAUTYはアメリカのカリスマ美容ブロガーが立ち上げた、世界的に激アツなコスメブランド。

SEPHORAにも出店していて、お店に行く度、HUDAのコーナーにはいつも人だかりができています。


実際、ブラックフライデーのときはオンラインショップが混みすぎて、なかなかサイトに入れなかったほどの人気ぶり💦


そんなHUDAのアイシャドウをこの度、手に入れてしまったんです・・・!


Image title

HUDA BEAUTY Ruby Obsessions $27


早速スウォッチも載せてみましたが、海外コスメらしい、パキッとした可愛らしいカラーですよね♡


年始は赤メイクで縁起良く過ごしたい、、、!という思いから、今回はコチラのシリーズの赤を購入しました。

Obsessions Eyeshadow paletteはRuby(赤系)の他、Amethyst(紫)Topaz(橙)Sapphire(青)Emerald(緑)の5色展開です。


一見、派手ですがとても美しくて使いやすそうなパレットに見えたんです・・・


思いがけず、賛否が分かれそうなアイシャドウかも・・・と感じた点があったので、以下まとめさせていただきますね!

※あくまでも私の個人的な感想です。


◆マットの発色はかなり良いものの、粉質がドライで粉飛びが気になる

完全に私の好みなのですが、アイシャドウはパウダータイプであっても”しっとり”とした粉質が好きなんです。

こちらのマットは乾燥したパサッとした粉質のため、筆についた粉が舞いやすく、

頬のあたりまでアイシャドウが付着してしまいました。

また、発色がかなり良いため、筆についた余分な粉はティッシュオフしたり、手元で色味を調節したりしてから

塗布するのがおすすめです!


◆ラメシャドウはしっとりしてるけれど、発色は少し弱め

ラメシャドウについては、マットと比べて粉っぽさはあまりなく、良い感じでした❤

ただ、発色は少し弱い気がするので、筆で塗るより、指でガッツリ塗ったほうがキレイに色が出そうです。


◆ブレンディングが難しい

粉質はドライですが、コチラのアイシャドウは肌への密着度はかなり高めなんです。

そのためか、いつも使っているブレンディングブラシで境目をぼかそうとすると、色が固定されていて、

なかなか色が混ざり合わず・・・。

色々試した結果、アイシャドウをのせる段階で、ブレンディングしながら、少量ずつ重ねていくのが良いと思いました。

ブレンディングブラシを使うときは、柔らかめのものよりも、コシのある筆の方が向いていると思います!

そして、カラーライナーとして使うには申し分のないアイシャドウです◎



実際にSEPHORAのサイトでレビューを見ていると、かなり賛否が分かれているようでした。

かなり気に入った方もいれば、酷評をしている人もいて、こればっかりは好みなんだろうなぁというのが結論です。


見た目の美しさは間違いないので、気になっている方は上記のような使い方をされると良いのではないかと思います!



次のページではこちらのパレットを使用した写真をご紹介しますね☆

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN