一瞬で「パッと見美肌」。ツヤ肌を避けてた私がハイライトを手放せなくなったお話

メイクアップ

告白します。

ツヤ肌なんて私には合わないと思ってました。


きっと「ツヤ肌なんて…」って方、未だに多いと思うんですよ。

特に私みたいなテカリに悩まされる肌の方には。

「こんなにテカリに悩まされてきたのに、わざわざテカってるみたいなツヤ肌!?ないでしょ」

ですよね、わかります!でもね、今になってやっとわかりました。


ツヤ肌は、めくらまし。アクセント。

人は光を集めるところを見る習性があります(おそらく)

ツヤ肌は、粗に目を向けさせず、「パッと見きれい」な肌になる最短距離です。


きっかけは、あるときふと鏡を見て

「あれ?マット肌、老けてみえるかも…」

と思ったことでした。


今までマット肌一本だったんです。

赤ちゃんだってマット肌じゃん!マシュマロ肌とかいうし!ツヤ肌不自然でしょ!

それにテカらないようにするにはマットにしとかないと…という思い込みがありました。

でも違った!って話をこれからします!!


Image title


前置きが長くなりましたが、ためしに恐る恐る使ってみたハイライトが最高だったってただそれだけの話。

私のハイライトデビューは、「RMK グロースティック」でした。

ドラッグストアのものもいくつか使ってみたんですが納得いくものがなく、使い方も曖昧だったのでBAさんに聞きたいし、最初だからこそ質は大事!と思ってデパコスで。


「RMK グロースティック」は2000円というデパコスにしてはかなりのプチプラなので、合わなくてもそれほど懐に痛くない。

それにスティック状なので、塗ってぼかすだけなら初心者でも使いこなせるかな?と。


Image title


実際その通りで、ベースメイクの最後、鼻筋とCゾーン頬上にさっと塗って適当にぼかすだけ。

これだけでツヤが乗って「パッと見肌きれい」度が数ランク上がります!!


Image title

↑ぼかす前

Image title

↑ぼかした(肌と眉以外ノーメイクですみません。アイラインは引いてたかも?)


細かいラメにより、まるで光を放つくらいキメが整ってる肌に見える…すごい、顔の高いところにちょっと目が行くように細工しただけなのに、人間の目ってすごくばか…。

しかも鼻筋が通って高く見える、頬骨が上がり骨格がきれいに見える効果も。

これ、写真だとなお顕著に出ます。写真良く撮られる方は絶対ハイライト必要!!


そして私のようにテカりやすい肌の方へ。

「ツヤ肌」って、別に水分が多い(私の肌ではどうしても崩れてしまう)ベースを使う必要ないんですよ。

マットのままでいいんです。皮脂対策バッチリでいいんです。

その上で要所をツヤっとさせておけばツヤ肌っぽくなります、ほんとに。


必要なのはハイライトスティック1本です。


2000円でマジで美肌に見えるからとりあえずハイライト使ったことない女性は全員買いましょう。

ただ塗りすぎてテッカテカにならぬよう、それだけ気をつければパッと見美肌はあなたのものです!!

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN