人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

眉毛アートについて①

メイクアップ


あっという間に10月ですね。

寒くなったと思ったら暑くなってを繰り返し、今日はタンクトップを着ても汗ばむような蒸し暑い一日でした。



さて、私のinstagramを数年前から見てくださってる方からちらほらいただく“眉アート”について実際に施術した身の正直な経験談と感想を書いていきます。



Image title



眉アートをしたのは昨年の秋。

技法はクリニック発案の方法で眉アートをしました。


私の眉は元々毛量はあるものの一本一本が細くて薄いせいか全体的にぼんやりしているので眉メイクが大の苦手でした。


顔の印象は眉で決まると言われますが、どんなにアイメイクを頑張っても眉を書くのが下手すぎて残念賞レベル。


とにかく楽したい気持ちが第一でクリニックやサロンを調べて自分の希望に合うところを探しました。



Image title


行ったサロンは初回は三回コースを推奨していて、一回目は全体のベースとして薄め。

二回目はベースの上から色味を調整。

三回目に微調整+形や色の追加と言った形です。


上記画像が一回目の時。

下記画像右側が二回目の時です。

Image title


行ったサロンは施術者が1人のみで、とにかくセンスが良い方でした。

最近の眉アートは「骨格に沿って眉の形を〜」と言いますが、施術先のサロンは普段しているメイクからその場でドレッサー前で書き足したり引いたりして微調整して一緒に形を決めて行くスタイル。


私は眉山しっかりで濃すぎない色味が好きなので瞳の色に合わせた色で入れました。



Image title



施術後の剥離期間はこんな感じでかさぶたになるので濃くなります。

一週間ほどは擦ったりピーリングするのもNGです。



眉アートを実際にした上で結論だけ言いますと、私の場合は半年ほど持ちませんでした。


というのも眉アートも合う合わないがあるそうです。

そし近年の眉アートは永久的ではないので一定期間でお直しする必要があるということ。


今回に至っては私の骨格上と皮膚の薄さと肌質がアートの持たなかった一番の理由でした。






続く。



instagramはこちら!

https://www.instagram.com/myktmy


RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN