人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

リステリン21日間チャレンジ

スキンケア

リステリン21日間チャレンジに挑戦させて頂きました!


水色「リステリン クールミント」歯磨き後に、すすぐタイプ

少し刺激的

効能:歯垢の沈着を防ぐ・歯肉炎の予防・口中を浄化・口臭予防・口中を爽快


ピンク色「リステリン トータルケア ゼロ」すすいでからブラッシングするタイプ

低刺激

効能:歯垢の沈着を防ぐ・歯肉炎の予防・口中を浄化・口臭予防・口中を爽快・歯石の沈着を防ぐ・歯を白くする

Image title

==使用方法の違い==

「リステリン クールミント」は、歯磨き後に適量を口に含み、30秒すすぐのに対し、

「リステリン トータルケア ゼロ」は、30秒すすいでからブラッシングするタイプ。


==使用感==

「リステリン クールミント」は刺激的で、20秒くらいした所で勝手に涙が流れていました。
そして舌もしびれます。使用後は甘い感じが口に残ります。


「リステリン トータルケア ゼロ」は低刺激なので、30秒すすいでも、全く涙出ずに使用できました。

クールミントと比べると、口に残る感じは和らぎますが、特有の風味が口に残ります。

後にブラッシングをするので、そこまで気にならなくなります。


==21日間チャレンジ開始==

私は普段、朝起きて一番に歯を磨き、それから朝食をとります。


はじめは、ずっと「リステリン クールミント」を使用し続けていたのですが、

朝食の際、リステリンの風味が残りながらの食事になるので、

朝は、すすいでからブラッシングするタイプの「リステリン トータルケア ゼロ」にしてみました。

Image title

ブラッシングしてからなので、少し風味が和らぎました♬

この方法オススメです。朝はトータルケア♡


夜は、この「リステリン クールミント」にして、

口の中が綺麗&爽やかになって一日を終えます♬

そろそろリステリンも無くなってきました。

Image title

はじめは刺激があると思って勝手に涙が出てきた私も、

毎日続けることによって涙が出なくなりました!!!


女友達にも、このミニサイズをプレゼントしました♬

Image title

なんとその女友達、めっちゃくちゃリステリンのヘビーユーザーでした!!!

マウスウォッシュでも、

いろんなブランドを試していて、その中でも、一番リステリンが好きだそうです。


そんな彼女にリステリンの良さは何なのかを聞いてみました。

リステリンが一番効いている感じがする!

この刺激が、さらに効いている感じがして、刺激も好き!なんだそうです。

『歯磨き粉も、どんな高い物使ったとしても歯茎が締まらない!やっぱりリステリンすると歯茎が締まる!」

との事でございました。


==21日間チャレンジを終えて==

一番感じたのが、歯茎の締まり!これは3日目くらいから、早くも感じはじめました。

歯茎がキュッ!となる感覚が自分でも感じました。


そして、爽やかさがクセになります。

寝る時も、口の中が綺麗にならないと、汚い感じがして嫌です。

現に口の中には、バイオフィルム(細菌の塊)が沢山います。

これは、抗菌力が強いこのリステリンによってケアできます。


21日間チャレンジは終わりましたが、もちろん持続して続けています♬

歯ブラシでは口腔内の、たった25%しかケアできていないのに、

今までマウスウォッシュを使用してこなかった自分に反省です…。

今回、本当に知れて良かったと思っています。


歯周病にならないため、虫歯にならないため、おばあちゃんになっても綺麗な歯を残すため、いつでも口臭予防。

どんなときも清潔に保ちたい。だから今後も持続して続けます♬


海外では、子供用のリステリンまで出ていました。

マウスウォッシュ使用率:日本33% アメリカ63%

日本では、アメリカの半分位の方しか、マウスウォッシュを使用していない事実。

自分も使用していなかったから納得の数字なのですが、

マウスウォッシュの重要性と効果を知ったいま、とても残念な数値です。


今後、もっと使用する方が増えると良いなって思います。
やはり効果があるのか解らない。というのと、重要性が解らない。という事が使用しない一番の理由。

しっかり学んだ、前回の記事も見て頂けると嬉しいです。

リステリン公式サイト

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN