【限定アイテム♫】年に一度の限定パウダー、リピ買い率はこっちが上らしい。

スキンケア
いいね! 1件

先日実家に帰ったのですが、

母がまさかのこんな気になるアイテムをgetしておりまして。

それがこちら。


【マキアージュ スノービューティⅢ 2016】

Image title


 こちら、

年1パウダーには色々とあるんですが、(かの有名なミ●ノコレクションとか)

リピート買い率はこちらの商品の方が高いんだとか。

リピが多いって、それだけ素敵な商品って事ですよね!

とりあえず、このコンパクト見た目がなかなか可愛い。

Image title


こちら、どんなアイテムかって言いますと、


 

日中は、ルースパウダー(おしろい)として夜は素肌ケアとして。

昼も、夜も、時間を問わずに使えちゃうというスグレモノ。


 

美白有効成分「m-トラネキサム酸」配合で、メラニン生成を防いで、シミ・ソバカスを防ぐというスキンケア機能を備えた逸品なのです。


 


 

わたしも、欲しいな~って思っていたので、さっそく使わせてもらいました。


 

◆使用感と特徴

【日中】

こちら、スキンケア仕様ながら、おしろいとしての機能性もしっかり謳われています。(スノービューティ特設サイト参照)

7色のパール半透明マグネットパウダーが、このパウダーのウリ。

毛穴や凹凸・くすみなどの肌のアラを、「7色のあざやかな色の光の拡散効果」で補正し、透明感を演出してくれるんだそう。

Image title

美しいパウダー!
 

また、従来よりも肌へのフィット感が高くて(マグネットパウダーってそこからきてるのかな⁇)、光反射をする面が広い、雪の結晶のような6角形のパウダーを採用し、なめらかな肌表面と同時にツヤ感も演出してくれる、という期待高まるパウダーです。


日中用として、パウダーをピッタリフィットさせ、均一に仕上げることができる薄型のパフが付属。

Image title


 細かいパウダーでさらさらの肌になります。

付け心地は気持ちいい♫触り心地もサラサラして◎

つけたては、ち、ちょっと…白っ…ってなったものの、

時間経過とともに馴染んで、出かけるまでには透明っぽくなりました。


気になる“もち”ですが…

昼よる兼用との事でお直し必須かと思いましたが…

なんと!意外と耐久性ありで、夜まで汚く崩れることもありませんでした!!

これを使用中、さほど汗をかかなかったので、汗については耐久性をはかりかねますが、

ベタつきが気になる部分もさほどベタつきが気にならないうちに1日を終えられました。

 

気になる部分には押さえでこちらをのせてもいい感じ〜、なんだとは思いますが、

ココがこの商品の良し悪し。

持ち運びにはちとでかいんですよね(笑)

昼夜兼用って事で、こちらは自宅置きコスメですね!


 

 【 夜 】 

スキンケア効果を逃さないように、べたつかない、さらさらのシールオイルが肌表面を覆ってくれるんだそう。

確かにさらさら。

わたし、気づいたらうつぶせ寝になっていることが多いんです。

肌にのせたスキンケア成分が枕に取られてるな~って思うことがあるのですが、これならパウダーが被膜になって守ってくれるから、私と同じように感じている人には、いいのかも♫


 

そして、パウダーなんて、乾燥大丈夫か…って思いましたが、

朝起きても、思ったより乾燥していませんでした。


 

夜用のパフは、ふわふわのパフ。パウダーをたっぷり含ませて、ふわっと包み込んでくれる仕様のものが付属。

Image title


 


 

◆メリット

温泉旅行の時とか、彼とお泊りの時とか、休日のおうちメイクにGOOD!

スキンケアとしてのパウダーだから、罪悪感なくパウダーをのせられて、そのまま眠れちゃうのは、嬉しいですね♪

スキンケアの一環としてすっぴん風メイクができちゃうなんて、女子の事、わかってる~!!



 

◆デメリット

まず、コンパクトがでかい。

次に、これひ人それぞれだと思いますが、昼・夜とパフが分かれているので、スキンケアとしての清潔感も維持できるかなーとは思うんです。

でも、特に昼は二度づけ厳禁でっせ!!ってしないと、私はちょっと心配かな。

夜はスキンケアだから、昼のパフからファンデーション成分がおしろい自体に付いちゃったら嫌だなーって。

あとはパフをこまめに洗うか、で解決できる心配事ですかね。


ただ、このキット、なんとレフィルが付いているそうなので、片方は昼用・片方は夜用・・・なんてゼータク使いをするのが最も清潔かも♫


 

検討中の方、参考になれば幸いです。

9月の下旬から既に店頭に置いてあるこちら。

数量限定、マキアージュを取り扱っている店舗さんでの取り扱いだそうです。


 

Ma-Naでした♫


 

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN