【視点を少し変えて…】メイクってなんなんでしょう?

メイクアップ

もう1ヶ月以上前のお話ですが…、

今年2015年は、ずっとずっとお会いしてみたかった方の講演会に参加させていただく機会がありました。それも、とってもありがたいことに、偶然に。


最初にその方の存在を知ったのは、テレビ番組の特集でした。

老人ホームで入居者の方々にメイクをし女性たちを笑顔にしていく姿が印象的で、釘付けになりました。

「お年寄りをこんなに笑顔に出来る手段がある」「女性は何歳になっても化粧でQOL(Quality of Life=生活の質)が上がる」と、考えてみれば自然なことなのに、看護学生だった自分にとって、新鮮な衝撃だったことを覚えています。


そのときから、わたしの『人生で一度はいつかお会いしてみたい人』リストに加わったのが、「かづき れいこ」さん。

ご自身が心疾患のために冬になると顔が真っ赤になる、ということに悩んできた経験から、メイクに興味を持たれたそうです。

あたたかい季節は外見に変化がないために元気で明るい性格なのに、冬になると血流の影響で顔が真っ赤になる、それが嫌で気持ちまで落ち込み、性格まで変わってしまう…そんな体験をされていたそう。ご自身の経験を活かして誕生したメイクだったとは、驚きでした。


自分自身、小さい話ですが、朝一番で前髪が言うこときかないだけでもイラッとするのに、冬の間中自分の顔のことが気になってしまうなんて…

たかが顔、では済まされないですよね。冬のない国に行きたくなってしまうかも。。



RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN