プチプラコスメで、”見えないまつげ”をキャッチする?!デジャヴュ ラッシュアップ Kセミナー!

メイクアップ

皆さん!衝撃の事実です!


なんと、私たちがマスカラを塗るとき、

まつ毛全量に対し25%も塗り残しているのだそうですよ...!!!


25%って、4分の1!!!

かなり多くないですか?(;_;)


どんな部分が25%なのかというと、

①見えてはいるけど、塗りにくい部分のまつ毛

②至近距離でも見えないうぶ毛など


まつ毛は、言わずとも知れたインパクト大なメイクアップパーツ

この25%を塗り残しておくのは、勿体ないですよね(>_<)



そんな衝撃な内容で始まったのは、

『「塗るつけまつげ」で作る!今どき目力レッスン』です✨
Image title

Image title

【塗るつけまつげ】と言えば、言わずと知れたデジャヴュシリーズ

今でこそ主流ですが、
・お湯で落ちる ・ファイバー入りロングタイプの先駆けブランドですよね✨

個人的には、製造販売会社の㈱イミュはマーケティングにとても強くて、

いつも私たち消費者の欲しい製品を届けてくれる企業さんだなぁと感じています(^^)


さて、2018年6月6日に発売となった、
塗るつけまつげ 自まつげ際立てタイプ (デジャヴュ ラッシュアップK 1,296円(税込))は、

”見えないまつ毛を残さず塗りつくすことによって、自まつげを際立てる塗るつけまつげです✨

Image title

一般的に、マスカラのパフォーマンス

①液組成②ブラシ形状 で決まります。

今回の商品開発にあたり、なんと310通りの液・ブラシの組み合わせの中から、
細かいまつげまでキャッチするための最適条件を見出したのだそう✨


<①液組成>

”見えないまつげ”をキャッチするためには、
まつげへの密着性が高く、粘度が低く滑らかな液が必要です。


今回は、まつげへの吸着性の高い高密着オイル高密着ポリマーを採用とのこと。
高密着ポリマーは恐らくアクリレーツコポリマーアンモニウムのことで、
アイメイク製品に使用される皮膜形成材です。

耐水性があり、硬めなフィルムを形成するためまつげのカールキープ力がアップします✨


原料があったので、触ってみました!^0^
Image title



初めは液状ですが、

Image title
時間経過と共に...
Image title
硬い皮膜になりました♪


高密着オイルは硬いし黄色いし、ミツロウかなぁ...?Image title



さらに、サラサラパウダーなる、恐らくシリカを配合。
Image title

目の前で実験して頂いたのですが、さらさらパウダーを入れる前後では液のもったり感がなくなり、
すーっと伸びるテクスチャーに変化していました✨

Image title

写真ではわかりにくいですが、
左がパウダー配合前。パテで伸ばしにくいのに対し、
右はパウダー配合後。滑らかに均一に伸びているのがわかります^0^

この滑らかさがまつげの上で再現されるという訳ですね!



<①ブラシ形状>

ブラシ形状の特徴は、なんといっても三角形!!!!△△△

Image title

丸いロッドの場合、まつげとの接点が点になってしまうところ、
三角形の場合、面でまつげを受けることができるので、広く均一に塗布しやすいのです^0^!


また三角形の中心部から一辺への距離は1.5mmしかなく、かなり細かいまつげまで塗りやすいです✨


また持ち手が長いので、鉛筆のように持って塗れるところも使いやすいですね^^
Image title


セミナーでは、MAQUIAでも、各メディアでもお馴染みのメイクアップアーティストイガリシノブさんがいらっしゃいました^0^


オススメして頂いたカーラーは本当に瞼を挟まずにぐっとまつげを上げられました!!!欲しい✨

Image titleイガリさんのオススメテクの一つは、ホットカーラーを使うこと

熱でまつげのツヤやコシが復活!
ただまつげをキープするだけでなく、まつげにも些細な気遣いをすると、女度がUPするんですね^^


まつげへの塗布の仕方は、
1.三角形の面をまつげの根元に当て、1、2、3...

2.少しだけ、目の方へ転がす

 → 根元の毛を残さず塗りつくすことで、アイラインを引かずとも自然なアイライン効果になるとのこと^0^

3.マスカラを鼻の方(顔の中心側)へ抜いて、まつげ全体へ均一に塗布

以上です!!!


決して、2度塗り、3度塗りはしませんよ!笑


最後の、塗るつけまつげを顔の時中心方向に抜くことで、
まつげが前を向いて、自分の目の形そのままにラインを強調できるんだそう。


これまで、マスカラを外へ、外へ抜いていたため、360°目周りが強調されていたのですが、

今時メイクはアウトラインを生かす抜け感が大切

マスカラの塗り方一つでアウトラインを変えられるなんて、感動です✨


ちなみに、左だけ塗るとこんな感じ^0^

Image title

Image title

根元までしっかり塗れてますよね^0^
”ライン効果”の違いがしっかり出ています♪


両目では、とてもナチュラルだけど、目力はどことなく強く仕上がりました!

Image title



目力を強くしようと思うと、ついついゴテゴテにマスカラをつけてしまいがち...


塗るつけまつげ 自まつげ際立てタイプでは、まつげを塗りつくすことで自然と力強い目元を作ることができますよ^0^

お試しあれ^0^


Image title

pippiちゃん、えりなちゃんと♡




twitter: ringringkaoring


Instagram: ringringkaoring




RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN