「香り」のチカラ

ライフ
いいね! 2件

”Une femme sans parfum est une femme sans avenir.”


「香水をつけない女に未来はない。」


ココ・シャネル


人間の五感 視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚の中でも、

嗅覚は特殊です。


香り分子が鼻の奥にある嗅上皮という粘膜に溶け込み、

嗅細胞の先端部分の嗅毛が、分子の形状をシグナルとして

脳の大脳辺縁系に伝達します。

そこで初めて「匂い」として認識されます。


× 認識→匂い

○匂い→認識


脊髄などを経由せずに直接シグナルか脳にとだくため、

思い込みによる効能ではなく、様々な効能を及ぼすことができるのです。


大脳辺縁系は、感情や食欲性欲睡眠欲意欲などの他に、記憶や自律神経活動に関与しています。

だから、香水は記憶に残るのです。

またアロマテラピーは香りの信号が脳に直接伝達される仕組みを利用しています。


そしてシグナルは視床下部へ伝達され、

香り成分によってはホルモン系、免疫系などのバランスを整える効果もあります。



お気に入りの香りを纏うも良し。

効果効能から香りを選ぶも良し。


脳に直接作用する「香り」を科学的に影響を及ぼすアイテムにしてしまいましょう。



ちなみに私はグアムで買ったMARK JACOBSのパヒュームを使い終わったところ。

Image title

香水って揮発して香るものだから、

トップノートという初めに香る成分はどんどん無くなってしまいます。


ミドルノート、ラストノートを楽しむのもいいけど、

香水を買うときってトップノートの印象で決めちゃいますよね。


1種類の香水を1年間使い続けられる気がしなかったから、

4タイプを気分に合わせて選んでいました。

Image title

Image title

Image title

Image title


これからは、大好きなお友達にもらった

ロクシタン ローズ オードトワレ ロールタッチ を...♡

Image title

私の香りにしてしまいます♪


Instagram: ringringkaoring

blog: bambidays.com

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN