人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

ファンデの〇〇置きは実はNG!ラデュレ×長井かおりさんメイクショーレポート!

どこを見ても夢のようにラブリーなイベントに、mariaちゃんと友人Y子と行って来ました。

♥レ・メルヴェイユーズ ラデュレ メイク&ティーパーティ♥

Image title

Image title


目の保養しまくりですが、メインイベントは、何といっても長井かおりさんのメイクアップショー!!

実は今年に入って一番読み込み、付箋を貼りまくった美容本が長井かおりさんの『必要なのはコスメではなくテクニック』。

(今期の私のブログの随所に影響が出てると思う。なのに、なぜ持参してサインをいただかなかったのか。。)

ということで、しっかり聞いて、お言葉を記憶してきました!


9/7新発売、モイスチュアライジング メイクアップ ベースを塗っただけの状態で登場したモデルさん。

ツヤ感が強く、ナチュラルに顔色を明るく見せてくれるメイク下地。

Image title

正直「いや綺麗だけど、テッカテカでは」と心の中で思ってました。

でも、これはまさに「オーラ肌」の仕込みにすぎなかったのです。(そりゃ、そーだ。)


重ねるファンデは、コンシーラー デイセラム。こちらも9/7新発売。

保湿成分たっぷりで、メイクの上からも使えるのが特徴。

Image title

使い方のポイントは、目の下の「美肌ゾーン」にだけ置くこと

ここが綺麗だと肌全体が綺麗に見えるという、とっても重要なゾーン。

そこから指で顔全体に薄く伸ばしていきます。よく聞く”顔の5点に置く”のはNG

スポンジでポンポンと軽く叩き込んで、ムラがなくなったらOK。


パウダー前に仕込むクリームチークは、クリーム チーク ベース

カラーは02。肌なじみのよいコーラルピンクです。

長井さんの仕込みチークのテッパンカラーともいうべき色で、私がリピートしてるキャンメイク07もそれに該当。

Image title

これを直接ポンポン塗ってから、指でなじませます。


この”仕込みチーク”がポイント!

パウダーとの二層構造にすることで、チークのモチが格段アップ。

夕方気付いたらカラーが消えてるということがなくなります。

あくまで仕込みチークなので、最後にのせるパウダーチークと色をそろえる必要はなし。


パウダーは2種類を駆使。

Image title

まず、Tゾーン・小鼻の周り・あごに、プレスト パウダーを、付属のパフで丁寧にのせていきます。

皮脂を抑えて、メイク崩れを防いでくれる効果が。


それ以外の箇所に使うのが、パウダー ファンデーション

ブラシを使ってふんわりと。このブラシ可愛い上に、気持ちいいんですよね~。

Image title

薄~く仕上げるためにも、パフではなくブラシが最適。

ここまでに塗ったコンシーラーやチークがよれるのも防げます。(←シミをピンポイントに隠そうとしてる私には重要なポイント。)


長井さんのベースメイクの特徴は、必要なものを必要な箇所にだけ使うこと。

これで、より自然に美しい肌感を作ることができるんですね。

下地の段階の強烈なツヤ感は、内から発光するような上品なオーラ肌に仕上がってました!


そしてチーク2つめ、チークカラー パウダー。カラーは01。可愛いピンクです。

Image title

ポイントは、パフをよくもんでなじませること。(よくもんでいらっしゃるので、写真がブレました。)

これで、付き過ぎを回避。

チークはやり直しのきかないアイテムだから、このひと手間で、仕上がりのクオリティに差が出ます。


ちなみに、ラデュレのチークには、パールを一切使っていないそう。

恥ずかしながら、今まで気付いていませんでした。結構な頻度で使ってるのに。。

チークにパールによるツヤ感は必要ないという考え。より自然に染まったように発色してくれます。

だんだんキラキラさせるのが恥ずかしくなってくるアラフォー世代に嬉しいマットさ加減。


リップは、スティック ルージュ

今のトレンドは、何といってもレッド系のはっきりした色。

使用カラーのスティックルージュ03は、シアーでツヤ感が強いので、バブリーな感じになりません。

Image title

塗り方のポイントは、真ん中だけスティックで直に塗ってから、後は指でトントンと広げてなじませること。(調整は必要に応じて綿棒で。)

こうすれば、はっきりした色みもナチュラルになじみます。

この方法で、流行りの濃い色も使いこなすことができるはずなので、今までベージュ系しか使ったことのない人も是非!とのことでした。


いただいたリーフで、使用カラーにチェック。

Image title



ちなみにお客さんから3名だけ、檀上に上がって長井さんにメイクしていただけたのですが、(私達の猛烈プッシュもあり?)mariaちゃんが選ばれました!

しかも「やる前から完璧なんだけど」というお言葉をいただいてました!(ナゾに鼻高々な私達!)

Image title



最後は、mariaちゃんの美脚で締めましょう。

今回一番目の保養になったのは、こちらだったかも知れません☆

Image title



RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN