人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

甘酒スウィーツで、美肌もスリムも手に入れよう!

ボディ

Image title

ココナッツオイル、コールドプレスジュース、チアシード・・
数々の話題の美容食が話題になってきましたが
今は何といっても【甘酒】が話題になっていますよね!

日本で昔から親しまれている甘酒。
今になって、『飲む点滴』として改めて注目されています。

甘酒には大きく分けて2種類あります。
酒粕からの甘酒と、米麹から作られた甘酒。
大きな違いはアルコールと砂糖が入っているか入っていないかなので
ノンアルコールで糖質の入っていない「米麹」から造られた甘酒の使用がオススメ!

Image title

人気のマルコメの甘酒♪

米麹の甘酒で、おすすめ美スウィーツのレシピをご紹介します。

Image title

と、その前に甘酒の効果・効能↓

■ダイエット効果
糖質・脂肪をエネルギーに変える働き

ビタミンB群
甘酒に含まれるビタミンB群は、体内の糖質をエネルギーに変えるために大切な代謝作用があります。
ビタミンB1、B2、B6、パントテン酸、イノシトール、ビオチンなどのビタミンB群がたくさん含まれていることから、
体内に糖質がたまるのを防ぐことができます。

そして、イノシトールは血管や肝臓の脂肪の流れを良くする働きがあるので、
肝臓に余分な脂肪がたまるのを防ぐこともできます。
結果的に、これらの栄養素の働きが身体全体の新陳代謝を高めてくれるので
、カロリーを消費しながら痩せ体質を作ってくれるのです。

酵素
甘酒には、代謝に関わる酵素がなんと100種類以上も含まれています。
特に、脂肪分を消化してエネルギーに変えてくれる酵素「リパーゼ」には、
皮下脂肪や内蔵脂肪を燃焼すると言われています。

アミノ酸
甘酒には、体内で合成することができない、必須アミノ酸をはじめ多くのアミノ酸が豊富に含まれているのですが
①成長ホルモンの分泌を促進し、脂肪分解酵素を活性化。
②内臓の働きを活発にして、消費エネルギー量を高める。
③血液中の中性脂肪やコレステロールをコントロールして、脂質代謝を促す。
などの作用があります。

腸内環境を整えるオリゴ糖や乳酸菌がたっぷり!

甘酒に含まれる生きた乳酸菌による整腸作用で便通改善効果が期待できます。
さらに、甘酒には大腸まで届く「オリゴ糖」も含まれています。
オリゴ糖はビフィズス菌などの善玉菌のエサになり、腸内でどんどん善玉菌を増やしてくれます。
それが整腸作用やなつながりへ解消にも貢献。
甘酒はいつ飲んでも良いとされていますが、便秘解消には朝飲むことが勧められています。

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN