必読!ジバンシイプリズムブラッシュを使って小顔に見せるチークの入れ方ポイント3つ!

メイクアップ
いいね! 6件

先日ご招待頂いたジバンシイの

スキンケアと秋冬コスメ新製品発表会。

20代、30代に向けた新しいスキンケア、

ランタンポレル ブロッサムシリーズの紹介に加え、


スキンケア情報はコチラから♥

Image title


秋冬のメイクアップアイテムもご紹介頂きましたよ♥

Image title


本日はそんなジバンシイのプリズムブラッシュ

(テイストの異なる全6色!4色タイプではなく

2色の組み合わせです。)をつかって

Image title

(使用したカラーは08テンダー)


アーティストさんに教わった小顔に見せる

チークの入れ方ポイント3つ

がっつりレポいたします!!!!

お見逃しなく♥


まずポイント1!

斜めに入れる際は

生え際からしっかりいれる!

Image title

Image title


チークの斜めに入れる方法は

みなさんもすでにご存知だとは思うんですが、

髪の毛が生えてる部分からチーク入れるのが

ベストって知っていましたか?

(ぶっちゃけ私は入れたことがなかった)


チークが単品で顔から浮かないよう、

しっかりと生え際からのせてあげると

シャープかつ、自然に見えるんですってー。


アーティストさんは頬骨のくる位置にも

もう一度チークを重ねてのせて、

立体感をだしていましたよ。

Image title


続いてポイント2

V字テクと鼻ワキのチーク

Image title


チークを生え際から斜めに入れたら

使ってたブラシをそのまま、黒目の真ん中から

垂直に下ろしたあたりの位置から、

跳ね上げるようにブラシをV字に動かします。

Image title


そのあと、ノーズシャドウを入れる位置にも

ブラシを軽く動かします。

Image title


ここでは再度、粉を付けずにブラシに少量

残っているパウダーで行うのがコツ!

(もう一度つけてやってしまうと、

おてもやんになっちゃうやつ!!)


チークをメインに入れる斜めの位置だけでなく、

V字に動かすことで超自然な血色感が。

(そりゃそうだよね。全体にほんのりと

色が付いてるからこそ自然な血色に見えるんだもんね。)


鼻の脇に入れることで、こちらもナチュラルに

立体的な顔立ちに見せることができます!


からのポイント3つめ⇒

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN